OTANI'S VIEW

OTANI TALK

大谷を舞台に、
「高み」に上る。

ボクシング野郎にアニメオタク、コミュニケーション大好き人間から歴女まで、大谷大学には実にさまざまな人が学んでいます。書物に問い、歴史を訪ね、友人と語り合う毎日の中で、彼らは本当にやりたいことを見つめていきます。学びの中で自らの可能性に気づき、人生の荒波を乗り越える力をつけるまで船となって導くユニークな教員たちを前に、大学生のホンネの話をお届けします。

シリーズ紹介

  • OTANI TALK

    大谷大学の1年生たちも、1年前は高校生でした。彼らはどんな高校時代を過ごし、なぜ大谷大学を選んだのでしょうか。また大谷大学に入学してみて、本当のところはどう感じているのでしょうか。
    「OTANI TALK」は、各学科の1年生(取材当時)と先生とが、大谷大学や学科、学生生活についての本音をたっぷりと語り合うコンテンツです。

  • OTANI TALK Advance

    大谷大学で3年生の冬と言えば、ゼミに所属して半年以上が過ぎ、そろそろ「卒論」という2文字が頭に浮かんでくる頃です。
    1年生の冬に「OTANI TALK」で対談をした学生たちも、まさにそんな時期に入った頃。彼らは一体どんな成長を遂げたのでしょうか?「OTANI TALK」のその後を追うスピンオフ企画、それが「OTANI TALK “Advance”」です。

  • OTANI TALK Special

    「OTANI TALK」の特別企画で、出演は学生や卒業生、先生など、大谷大学に縁のある人物です。
    毎回ひとつのテーマに沿って語り合ってもらうコンテンツで、文章や動画などさまざまな形でお送りします。

文学部 真宗学科

周囲に支えられながら初志貫徹!

小さな頃から実家のお寺を継ぎたいと思ってきた高澤さんは、その夢を叶えるべく真宗学科に入学を果たしました。周りにはお寺出身の人も多くて楽しく過ごせる半面、クラスメイトの多くが元々お寺を継ぐことは考えていなかったということを知り、自分との違いに驚きます。
いずれお寺を継ぐ日のために、寮の仲間に助けられながら、親鸞聖人や法然上人についてじっくり学び、研鑽を積んでいます。

自分を見つめるために世界を見たい

国際コースを選択し、順調に英語の勉強を進めている野々村君ですが、真宗学の授業は全部難しいと言います。なかなか自分の意見がまとめられないと嘆く野々村君に、長年真宗学を学んできたConway先生は、真宗の勉強には時間がかかると理解を示します。その上で、さらに上を目指してほしいと、大学院や開教使の仕事についても紹介してくれます。卒業後はまずワーキングホリデーに行って世界を見ようと考えている野々村君の未来は、限りなく広がっています。

文学部 仏教学科

面白いと思う気持ちを大切に、仏教を楽しむ

ちょっと堅苦しいかもと思って入った仏教学科は、蓋を開けてみると、浅倉さんにとってとても楽しいところでした。様々な仏教のエピソードも、そこに潜む本質を知るのが面白いと言います。仏教が長く伝えられてきたのは、世界各国でそこに見出された価値を言葉で表現した蓄積があるからだと教えられ、自分の言葉で語ることの重要さを噛み締めています。新たな世界に踏み出す勇気を持つことこそが努力することだと心に留め、一層勉強に励むつもりです。

文学部 哲学科

我思う、ゆえに我ここにあり

小さい頃から勉強の優劣を点数で決められることに抵抗を感じていた長山さんは、4年間しっかり勉強ができる場として、自分のことを見つめ直せる哲学科を選びました。大学での学びはとても刺激的で、今までの人生で今が一番、勉強が楽しいと言います。哲学科の学びは人と話すことなしには成り立たないと思う一方で、自分の思いを言葉に出して表現することの難しさを感じてもいます。今を大事に、一歩ずつ「哲学している」毎日です。

文学部 歴史学科

1人の人間としてしっかりと立つために、問い続ける

高校卒業後は漠然と就職を考えていた小山内さんですが、学ぶことの面白さを知り、自分で進路を選びたいと思って進学を決めました。大学は、大きなことを大きな視野で考えられる場所であり、機会であると話す先生からは、「学問をする」ことの大切さを教わります。歴史学科で根本を学ぶ学生だからこそ、何事にも自分なりの問いを立てられるというプライドを持つ小山内さんは、過去を学びつつ、まっすぐに前を見つめています。

文学部 文学科

時間の価値を知り、今を懸命に生きる

文学科での勉強に加え、アルバイトにサークル活動、さらには教職課程の勉強もこなす山澤さんは、常に多忙です。大学生活にかかる費用を自分で賄うためのバイトはキツイものの、学ぶことも多くあり、時間のやりくりの能力も磨かれています。学生の多くが苦手とする国文法に関する授業を面白く感じ、将来は高校の国語の先生になることを希望しています。日々、古典嫌いの学生に悩まされている先生も、山澤さんには大きな期待を寄せています。

社会学部 現代社会学科

今社会で起きていることを自分なりに解釈する

幅広く社会のことを学びたいと思って入学してきた櫻木さんは、コロナ禍で様々な制限を受けながらも、積極的に大学生活を楽しもうと活動しています。こんな時期だからと、できるだけ他の学生と関われるように配慮してくれる先生の授業は、自分の頭できちんと考えなければいけないことも多く、とても刺激になっています。目の前にある課題に対して社会学的にアプローチしていく方法は面白く、今後の勉強にも知的好奇心をそそられています。

社会学部 コミュニティデザイン学科

マルチメディアの可能性を探りたい

ライブが好きだという郡さんは、コロナ禍でオンラインでのライブも体験しましたが、やっぱり生の魅力にはかないません。オンラインと生では何が違うのか、マルチメディアの特性について学ぶ授業を通して考えています。将来についてはまだ検討中ですが、京都にたくさんある有形・無形の文化財を、情報技術によって保護していこうというゼミの取り組みにも興味を持っています。モンゴル語の歌を歌うのが趣味というユニークな先生の指導の下、日々研鑽しています。

キラキラした人たちと過ごす時間を再び

障がい者施設で実習を始めた徳井さんの初日は、大泣きで終わりました。利用者さんとコミュニケーションが取れず、孤独で切なくて、1か月という長い期間に、不安しかありませんでした。それでも職員さんに倣い、気持ちを切り替えるようになってからは、毎日がとても楽しくなったと言います。一日に何度も名前を聞いてきたり、しゃべりかけてくれる利用者さんが愛しくて、定まった将来の道に向けて、今後は資格試験の勉強に励みます。

教育学部 教育学科 初等教育コース

多くの先生の姿に学び、理想の授業を作り出したい

面白かった数学の授業をきっかけに、子どもたちがワクワクするような授業ができる先生になりたいと希望している河上さんは、授業ではいつも一番前に座って話を聞いています。先生になろうと志して授業を受けると、教わるすべてのことが先生になるために必要なことだと思えるようになってきました。模擬授業を通して、生徒の気持ちも先生の気持ちも理解でき、どうしたら良い授業ができるかと、常に考えを巡らせる毎日を過ごしています。

考える力を育みたい。子どもたちにも、自分にも。

子どもと一緒に学び続ける教師になりたいという思いを持って勉強を続ける渡会さんは、コロナ禍での自宅学習期間を通して、社会が変わっていく様子を実感したと言います。直接会えなくても、授業の内容を「自分事」として捉えることができれば、歴史上の出来事も身近なこととして実感できます。技術を駆使し、工夫を重ね、「教えるだけ」の授業から発展させて、未来につながる学びを表現したいと、志を高く持っています。

教育学部 教育学科 幼児教育コース

楽しい毎日を積み重ねて一人前の保育者として育つ

谷大の幼教では実践的な活動ができると期待していた小暮さんは、コロナ禍で活動が制限されても、思いのほか授業を楽しんでいます。学ぶことが全て実際の幼児教育につながっていくことがわかる感覚が面白く、手遊びや読み聞かせにも熱が入ります。学生同士や、先生との距離も近い幼教の雰囲気が大好きで、4年という時間をフルに使って、保護者にも信頼される保育者になるために日々前進しています。

国際学部 国際文化学科

「頑張れる」という才能を手に、自分の未来は自分で掴む

好きなことに全力で向き合う松嶋さんは、今は韓国に魅力を感じています。文化から始まった興味も、歴史や政治にまで関心が広がるようになりました。留学を前に自分を奮い立たせて、できる限りの準備をしていこうと考えています。応援してくれる友達や先輩に支えられ、留学経験者である先生の「自分で自分を押してやることが大事」というアドバイスのもと、いろんなものを見て来ようと張り切っています。

MOVIE(OTANI TALK SPECIAL)

人生の岐路にこそ生きる“学び”の道

——大学での“学び”は将来役立つのか。
——“学ぶ”とはどういうことなのか。

こんな疑問を抱く高校生は、少なくないかもしれません。

大谷大学は開学以来、「専門教育」と合わせて「人間教育」に注力してきました。そんな本学で4年間を過ごし、いま社会で活躍中の卒業生は、大学時代を振り返って何を思うのか。
本学 教育・学生支援担当副学長の平野先生と共に、大谷大学での“学び”について語り合ってもらいました。