Features 学科の特徴

  • 1学年25名の少人数制教育。多様な経歴の学生と出あうチャンス

    POINT01

    大谷大学の特徴の一つは、少人数制教育により、一人ひとりの顔が見える充実した教育環境を提供していること。仏教学科では、高校を卒業したばかりの学生だけでなく、「死生観を学びたい」という現役看護師や定年退職した元会社員、日本で仏教を学びたいと考える外国人留学生など、さまざまな経歴や個性をもつ仲間と机を並べて学ぶことができます。

  • インド、中国、日本など、さまざまな地域の専門の仏教研究者が在籍

    POINT02

    インド発祥の仏教は、広くアジア諸国に伝播され、その国ごとに多様に発展してきました。仏教学科には、インド、中国、日本など、さまざまな地域の専門の仏教研究者が在籍。地域ごとに釈尊の教えがどのように定着してきたのかなど、独自の成り立ちについてくわしく学べるほか、サンスクリット語や古典チベット語など古典語学にもふれられます。

  • 仏教を学ぶと人生に迷ったときに役に立つ!

    POINT03

    仏教では「一切皆苦」(世の中の全てのものは苦しみであり、思い通りにならない)、「諸行無常」(世の中の全てのものは移ろいゆく)という考え方をします。人生で何らかの出来事に遭遇したとき、これら釈尊の教えを知っている人と知らない人では、感じ方が大きく違ってきます。特に辛いとき、苦しいときは仏教が救いになることもあるのです。

  • 社会人に必要な基礎力や表現力を、読解トレーニングで身につけられる

    POINT04

    基礎力を身につけていく授業では、、漢文やサンスクリット語、チベット語、日本語で書かれた仏教関連の文献を読みこみ、それについての要約文を作成したり討論します。「読んで」「聞いて」「書いて」「話す」を徹底し、読解力や表現力を修得していくのがねらいです。こうした読解トレーニングを通して、学びの基本姿勢はもちろん、社会人としての基礎力を身につけることができます。

仏教学科で出会う問い

こんなテーマの問いを追求できます!

説法は聞き手によってかわる?
仏教で何が変わるの?
私たちはどう生きるべきか?

コース紹介

  • 仏教思想コース

    釈尊は何を問い、何を明らかにしようとしたのでしょうか。古代インドから日本に至るまで、さまざまに伝承されてきた古典の書物をじっくり読み解くことを大事にして、釈尊の問いについて基礎から学んでみましょう。初期仏教から大乗仏教に至るまで、仏教の思想史を学びます。

  • 現代仏教コース

    私たちのあり方が根底から揺さぶられるような経験にこそ仏教徒としての歩みの出発点があり、仏教学という学問の出発点があります。戦争・環境問題・人権問題など現代社会の諸問題を眺め、苦悩の現場の声を聞くことから始め、問うべき問題を発見し、釈尊の問いの意味を学んでみましょう。

カリキュラム

  • 1年次

    仏教学を研究する術を演習で修得

    「演習I」と「仏教文献基礎演習」を中心に、研究方法の修得をめざします。「人間学」では、現代と仏教というテーマの中で、混沌とした現代をどのように生きればよいのかということや、仏教精神に基づく建学の理念などを学びます。また、仏教学科では第1学年からサンスクリット文法など、仏教学を学ぶうえで必須の語学を学ぶことができます。

  • 2年次

    仏教学の基本を学び、卒業論文の作成を見据える

    「大乗仏教入門」や「インド・中国・日本仏教思想論」などの講義の授業を中心に、仏教学の基本を学びます。基本的な専門用語を理解し、さまざまな授業で仏教に対する理解を進め、卒業論文作成に備えます。教職課程や図書館司書、博物館学芸員などの資格を取得する人は、他学科の授業を受講することも可能で幅広い学びを展開します。

  • 3年次

    参考文献の探し方や扱い方を修得

    第3学年の学びは、卒業論文の作成にあたり演習クラスでのゼミ発表が中心となります。指導教員と相談しながらテーマを決定し、図書館や研究室での参考文献の探し方や使い方、資料作成の方法を修得します。ゼミ発表では自分の考えをしっかりと伝えることを学び、質疑応答を通して社会で必要とされるコミュニケーション能力を高めます。

  • 4年次

    卒業論文の発表会を実施し、学びの集大成を披露

    学びの集大成となる卒業論文を作成するため、指導教員と相談しながら研究テーマを決定します。テーマに関連する資料・文献を図書館や研究室で探し、指導教員や助教といった先生方のサポートを受けつつ、試行錯誤を繰り返しながら卒業論文をまとめます。仏教学科では、卒業論文の発表会が毎年開催されており、そこで成果を発表します。

[学科専門科目 66単位以上/共通基礎科目 22単位以上/現代総合科目 12単位以上]

授業ピックアップ

地域仏教演習

女性を巡る仏教の歴史の考察を通して、偏りなく物事を考える習慣をもつ

地域仏教演習
地域仏教演習

インドをはじめあらゆる国・地域の仏教を学ぶ中で、特に“女性と仏教” を巡る問題をテーマに論じます。たとえば、女性は男性に生まれ変わることで成仏できる「変成男子」は、仏典に残る差別的な思想の一つといわれています。大事なのは、当時の社会的背景を踏まえ、なぜこのような考えが生まれ、浸透したのかについて自分で仮説を立てること。情報があふれる現代社会においても、偏りなく物事を見つめる力を養うことができます。

授業の「ココ」がおすすめ!

仏教における女性観とは?

“お坊さん”といえば男性が浮かぶのはなぜか?そのルーツを探れる演習です。仏教発祥のインドでの女性の位置づけや現代にも残る考えをひも解きます。何よりインド出身のショバ先生の視点が新鮮で、気づきも多いです。

 

  • 文学部 仏教学科 第4学年 K・Tさん