ここからサイトの主なメニューです

Home > 社会学部 > 現代社会学科

社会学部

現代社会学科

社会のあらゆることが学問になる。専門的な物の見方や考え方を養っていく。

学生が興味・関心をもつ、あらゆることが学びの対象です。自由で幅広いテーマの中から課題設定を自身で行うことが探究のスタート。演習やプロジェクト型研究などのアクティブ・ラーニングを通して、社会学の専門的なものの見方や考え方、調査・分析方法を学んでいきます。進路には、地方公務員、販売やサービス、金融関係や出版などが想定されます。

現代社会学科のコース

現代社会学コース(公共社会/人間関係/現代文化)

「現代社会学科のコース/教員紹介」ページへ ≫

学科の魅力

  • 1. 身近なトピックを学問的に考察するおもしろさがある

    現代社会だからこその事象や現代人が直面する悩みを、社会学的に探究していきます。学生もまた現代社会に生きる現代人。日頃から自分が悩んでいること、疑問に思っていることなど身近な興味・関心事を題材として、深掘りしていけるおもしろさがあります。身近な営みの中にある新しい発見・驚きは、勉強する楽しさに気づかせてくれます。

  • 2. 基礎から実践へと段階的にステップアップできる

    第1・2学年では、現場に出る前のウォーミングアップとして、社会調査の技法、倫理の基礎を修得。第3学年からは現地へ赴き、フィールドワークやプロジェクト研究といった実践科目に取り組みます。1ゼミ15名ほどの少人数制による深い学びを重視し、教員のサポートを受けながら、テーマの掘り下げ方や社会学的な切り取り方を訓練します。

  • 3. 得意分野や興味に沿って深めたい道を選べる

    基礎修得後は、「公共社会」「人間関係」「現代文化」の3つから突き詰めたい視点を選択。研究の深め方は一つではありません。文献研究に集中して知識や視点を磨きたい、積極的にフィールドワークに出て技法を学びたい…など、学生もそれぞれ希望が異なります。そのため、自身の関心や志向に沿って、講義や演習を自由に組める体制を整えています。

  • 4. 広範な分野に通用する知識や経験を身につけられる

    社会学を学ぶと、課題や仮説を設定し、調査で検証する力、解決策を導く力が磨かれます。これは、どんな種類の仕事でも役立つスキルです。また、社会の事象にアンテナをはる習慣がつくため、先行き不透明な現代社会で、何が必要とされているかを的確に選び取る嗅覚も身につきます。こうしたジェネラルスキルの修得は、就職先の選択肢も広げてくれるはずです。



「文学科のカリキュラム/4年間の学び」ページへ ≫

就職情報

就職率(2019年度実績※)

97.2%
現代社会学科で培った「調査で検証する力」や「解決策を導く力」を生かし、地方自治体や鉄道会社、情報通信業など、さまざまな業界での活躍が期待されます。

主な就職先(2019年度実績※)

Apple Japan/大阪市高速電気軌道(株)/京阪電気鉄道(株)/あいの風とやま鉄道(株)/HOYA(株)/(株)平和堂/滋賀中央信用金庫/守山市教育委員会/瀧定名古屋(株)/トヨタカローラ京都(株)/(株)ホンダ北大阪/(株)関西丸和ロジスティクス/西鉄運輸(株)/東建コーポレーション(株)/(株)京都ライフ/コープしが/京滋ユアサ電機(株)/富士ゼロックス京都(株)/(株)ユタカファーマシー

※2019年度文学部文学部社会学科および人文情報学科の実績より

Home > 社会学部 > 現代社会学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです