主要科目の特長

国文学概論 前期では、和歌から連歌、俳諧、そしてドラマ(小説)へと展開していく文学の主流について、文化やその担い手、政治との関わり、宗教や思想といった、それらの文学作品が生み出した土壌(時代背景)とともに、体系的に考える。
後期では、江戸時代の文化の担い手である庶民が求めた文学の主流となったドラマ(小説や戯曲)について、「笑い」・「恐怖」・「恋愛」といったテーマに分けて概観していく。また、現代に受け継がれるさまざまな古典芸能についても触れる。
中国文学概論
前期では、詩歌の歴史的展開について学ぶ。詩歌の発生と展開のあとを、それを可能にした条件とともに理解し、それらがどのように整理されて現在のわれわれに伝わっているのか知識を得る。以上をとおして、文化遺産の発生と伝播の過程について考える。
後期では、文語文、及び口語文の歴史的展開について学ぶ。文語文、及び口語文の発生と展開のあとを、それを可能にした条件とともに理解し、それらがどのように整理されて現在のわれわれに伝わっているのか知識を得る。以上をとおして、文化遺産の発生と伝播の過程について考える。
現代文芸概論 この授業では、詩と小説を中心として文学のさまざまな面について考えていく。現代日本の文学だけではなく、それと関わりの深い外国文学や古典文学も取り上げ、文学を具体的・多角的に理解することを目指す。
外国文学で特に重点を置くのは、19世紀のロシア文学と20世紀のラテンアメリカ文学である。これらは日本の近現代文学(詩と小説とを問わず)に大きな影響を与えているからである。
小説の方法としては、意識の流れ・マジックリアリズム・メタフィクションなどの理論を学ぶとともに、それらの実践例を通して文学表現の多様性と可能性を考える。書簡体小説や枠小説などの意味と役割についても考える。
日本の近現代詩については、日本語という言語の特質との関連において、また短歌・俳句との関連において、さらに小説・紀行・私記との関連において、理解と考察を深めることを目的とする。
文藝塾講義 この授業では基本的な文章力があることを前提として、言葉を広く効果的に伝える実践的な方法を各分野の専門家より学ぶ。読者に選ばれる文章を作り上げる際に何を意識すべきか、何が必要なのかについて、プロの現場からの意見を聞く。
講義はリレー形式により、外部講師の招聘も予定する。
前期開講の「文藝塾講義1」では主に出版・編集・ライターなどの仕事について学び、後期開講の「文藝塾講義2」では主に作家をゲストとして招き、文藝作品執筆のノウハウを学ぶ。
講義科目であるが、一部演習も含まれる。

スクロールできます。