内部質保証

自己点検・評価

本学の自己点検・評価活動

本学は、建学の理念を実現し、中・長期目標を達成して、社会的使命の遂行に資するために、教育研究活動等の状況について、自ら不断に点検及び評価を行っております。
 
2018年度には「全学内部質保証推進組織」を明確にするために内部質保証システムを見直し、現在は推進責任組織である「大学運営会議」が中心となって改善に繋げるシステムのもと質向上に取り組んでいます。
下図のとおり、大学基準協会が定める基準1から基準10(第3期認証評価)までの項目を、各組織・部局の活動を踏まえ、「大学運営会議」の構成員がそれぞれ責任者となって全学的な点検・評価活動を行い、年度末には「自己点検・評価報告書」を作成しています。
 
自己点検・評価活動を通じて明らかになった課題については、改善に努め、本学の教育研究活動の質の向上に努めて参ります。