主要科目の特長

哲学概論1・2 西洋哲学がなにを問題にし、どのような考察をしてきたかを、前期の「哲学概論1」では西洋哲学を生み出した古代ギリシアから近代にいたる西洋の哲学史の流れのなかで考え、後期の「哲学概論2」では近代から第二次世界大戦後の現代にいたる西洋の哲学史の流れのなかで考える。
公共哲学 人間は社会的動物だと言われるように、私たちはただ一人で生きているのではなく、「社会」という他人と共通の公共空間の中で生きている。自分とは違う価値観をもつ人々と、それでも共に生きていこうとするならば、そこではどのような理念やルールが必要になるだろうか。「自由」「平等」「安全」「友愛」といったさまざまな社会理念は、そこでどのような位置を与えられるだろうか。公共哲学では、歴史的な視点も含めつつこのような人間社会のあり方について学び、あるべき社会という問題を哲学的に考える。
心理学入門 心理学の歴史的系譜を概観し、今日の心理学研究に対する理解を深める。 さらに心理学各分野の特性を知ることで、心理学的に考える方法の基礎を学ぶ。 
死生学 生命の喪失を「死」と捉えるというシンプルかつ複雑な問題を、人類学や精神分析の知見を借りながら考察し、「生きる」といういとなみの不思議さに驚くことのできる力を養います。
古典ギリシャ語入門1・2
ソクラテスも用いた古典ギリシャ語の初歩(文字の読み書きから短文読解まで)を学びながら、西洋文化や西洋哲学をより深く理解するための教養として、神話や西洋絵画に触れ、ギリシャ語が語源の身近な言葉と学術用語を知り、新約聖書やギリシャ哲学の名言を原語で読む。
人間関係学 間柄、関係という視点から人間を哲学・倫理学的に考察することを人間関係学として捉えたいと思います。自分と他人、パーソナルな関係とインパーソナルな関係、人間関係と感情、親密圏と公共圏、公/私の区別などのテーマについて、人格心理学、社会心理学などの知見も参考にしつつ、考えていきます。

スクロールできます。