専攻(専門)横断型の教育プログラム

さまざまな人との交流のなかで研究の視野を広げられるようにしています。学生(教育・心理学専攻以外)はまず第1学年の授業「専攻交流演習」において、他専攻の学生との専門領域を超えた交流を行います。
各学年に置かれたゼミナール(に準じる授業)は合同授業の形式をとっており、複数の教員から指導を受けることが可能です。
他大学院の教員や学生との交流機会については、「大学院特別セミナー」において、国内外の最先端の研究者によるセミナー(他大学院の教員や学生も参加可能)を受講することができます。
また「京都・宗教系大学院連合」が提供する他大学院の単位互換科目を受講することも可能です。

徹底的な論文指導

ゼミナールに相当する授業のなかで指導教員から論文指導を受けることができます。学生は指導教員と相談をしながら自身の研究テーマを取り決め、論文の作成を進めます。また修士課程(教育・心理学専攻以外)には、マンツーマンでの論文作成指導に特化した1年間の授業を置いています。

多層的な経済的サポート

奨学金については学業の継続が困難な学生の経済的支援を目的とする各種奨学金と、主体的な学びを支援して優秀な人物を育成することを目的とする各種奨学金を準備し、学外からの奨学金を得るためのサポートもしています。
また終了年限を超えて在学する場合には、修士課程においては取得単位の状況により授業料の5割を、博士後期課程においては授業料の5割ないし授業料および施設費の8割を減額する制度があります。
さらにその他の経済的なサポートとして、有償の各種アシスタント制度(リサーチ・アシスタント〔博士後期課程学生〕、ティーチング・アシスタント等)を整備して学生の研究教育能力の向上をはかるとともに、経済的なサポートを行っています。

全専攻で教育職員専修免許が取得可能

修士課程では全専攻において、修士課程在学中に所定の単位を修得することによって教員免許状の専修免許を取得することが可能です。

研究科紹介

  • Shin-buddhist

    真宗学専攻

    • 修士

    • 博士

    親鸞の根本著書である『教行信証』の読解を中心に据え、その教学思想を研究し、自己自身の求道的関心を通して、広い視野をもって人間の諸問題を探究する人物の育成をめざす。

  • Buddhist

    仏教学専攻

    • 修士

    • 博士

    客観的文献研究を重視する方法論によって仏教を学問的に研究し、その知見に基づき、現代社会のさまざまな課題の解明にも寄与する人物の育成をめざす。

  • Philosophy

    哲学専攻

    • 修士

    • 博士

    「人間とは何か」といった根本的問題を東西の思想的伝統を踏まえつつ考究し、現代の多様な価値観に由来する人間の諸問題に対処しうる人物の育成をめざす。

  • Buddhist-culture

    仏教文化専攻【日本文化/東洋文化】

    • 修士

    • 博士

    仏教を土壌として形成されてきたアジア諸地域の文化を歴史学研究と文学研究の両面から解明し、日本・東洋の仏教文化の精粋を考究し、発信しうる人物の育成をめざす。

  • Intercultura

    国際文化専攻

    • 修士

    • 博士

    古今東西の多様な文化に向き合い、そこに見出される関係性や普遍性に注目することによって、高度な学問的洞察力と広い国際的発想力をもつ人物の育成をめざす。

  • Education

    教育・心理学専攻

    • 修士

    宗教的情操に基づく豊かな人間理解の態度を持ち、教育学、心理学及び教科教育学の各領域において高度な研究を行い、教育学、心理学に関係した分野において中心的な役割をはたすことができる高度専門職業人の育成をめざす。

よくあるお問い合わせ

  • 仏教精神を基礎とする人間教育を理念とするというのは、喜びもすれば悲しみもする生身の人間をさまざまな角度から問う学問(人文学)を学ぶ大学院だということです。これは、仏教の教義を知ることとは別です。
  • 総合研究室という研究室にさまざまな専攻をもつ十数名の若手の助教がいます。助教は特定の学生の担任にはならず、研究室に常駐して広く学生の指導をする教員です。大谷大学大学院を修了して助教になる人も多くいます。
  • 職業を有する等の事情により標準修業年限内では履修が困難な者に、標準修業年限を超えて計画的な履修ができる長期履修学生制度を修士課程に置いています。学生は3年計画ないし4年計画で履修を進めることができ、学費は、標準修行年限で学ぶ場合と同等の金額としています。

  • これまでもプレFD(大学教員になろうとする学生の教育能力開発)の意味をもつティーチング・アシスタント制度等を実施してきましたが、2022年度からはさらにプレFDに特化した授業を開設すべく準備を進めています。
  • 【特徴1】満期退学制度を廃止し、 円滑な学位授与システムを導入

    本学博士後期課程においては、従来、入学後3年間で所定の単位を修得して満期退学し、その後研究を継続し、3年以内に博士論文を提出して「博士(文学)」の学位を取得するのが一般的でした。しかしながら、学位授与の円滑化をはかるため、この満期退学制度を廃止し、在学中に博士論文を提出し学位を取得できるよう、2009年度入学生から研究指導体制を改訂しました。さらに、複数教員が指導するゼミを開講し、博士論文作成に向けての研究を行う体制が整備されました。 ただしこの新体制においても、博士後期課程入学後学位取得までは、最短の修業年限である3年を超えることもありえますので、4年目以降の学費等については、取得単位の条件により授業料の減免の経済的支援をおこなっています。

  • 【特徴2】世界最先端の研究に触れる 「大学院特別セミナー」

    本学では1992年以来、世界の第一線で活躍する研究者を客員教授として招き、「大学院特別セミナー」を開催しています。このセミナーは、他大学の研究者や大学院生に開放されているため、国際的な学術交流の場として役立っています。 特別セミナーは2週間程度の集中講義形式で行われます。またセミナーの補助を務める本学教員により、参加予定学生を対象としてプレセミナー(事前講義)が実施され、セミナーで取り上げられる課題について事前に学習します。

  • 【特徴3】多様な研究意欲に応える ソフトとハードの充実した環境

    学内はもちろん学外からも多くの優れた研究者を講師に招くなど教授陣の充実に尽力。文献研究では、世界に誇る図書館の豊かな古文献が存分に利用できるなど、幅広い学識と高度な専門知識を育む充実した研究環境を用意しています。

  • 【特徴4】京都・宗教系大学院連合」 —大学院の単位互換制度—

    京都・宗教系大学院連合(K-GURS)は、2005年に京都を中心とした宗教系大学の大学院が、それぞれの宗教や宗派の特色を生かした教育プログラムを相互に提供することにより、次世代の宗教研究者、宗教指導者、宗教に関するプロフェッショナルとなる人物育成を行うとともに、研究上の相互交流を図ることを目的として設立されました。2006年度からは加盟大学間の協定に基づき単位互換制度を実施しました。この単位互換制度により、他の多くの仏教系大学院の授業を聴講し、さらにはユダヤ教・キリスト教・イスラームを学ぶことも可能になりました。加盟校は、以下の大学院及び大学