主要科目の特長

社会学入門 社会学の多様な研究領域のなかから「公共の場で秩序・ルール・共通了解が成立するプロセスやそれに伴う問題」、「対面的状況を中心とするコミュニケーションの仕組みやパターン」、「現代人の意味や価値に影響を及ぼすと同時にそれを支える文化」の3つのテーマ設定について解説する。
現代社会基礎 民主主義、人権、人口、家族、労働、産業、消費、環境、情報化などのいくつかのトピックを取り上げ、現代社会における特徴や問題を理解するために必要な基礎知識を確認する。さらに、具体的な事例や複数の視点を検討することで、問題解決へ向けて多面的に思考する力を養う。
社会統計基礎‐1 社会的事実を把握し、あるいは創り出し、動かすために、社会統計に基づくさまざまな情報が発表利用されている。主な社会統計を紹介し、社会統計利用の効用・注意点・倫理について確かめる。並行して、表計算ソフトを用いて実習しながら統計の基礎を学ぶ。
具体的には、Excelの基本的な使い方を確認した上で、代表値や散布度、クロス集計、グラフ作成などの記述統計の基本概念を学ぶ。さらに、相関分析や回帰分析の基礎、および、ノンパラメトリック検定の基礎を実習しながら学ぶ。既存の社会統計の主体的活用、統計処理を伴う社会調査の設計実施の基礎力を養成する。
フィールドワーク入門2
グループ別に前期の授業(フィールドワーク入門1)から検討、計画してきた社会調査を実際に行ってみることで、その技法(観察法やインタビュー、質問票調査の方法など)について具体的に学ぶ。また、調査結果を最終的にレポートにまとめるまでの作業を通して、社会調査の全体像を理解する。
なお、この授業は大谷大学地域連携室(コミュ・ラボ)の協力を受けた授業「探究フィールドワーク1・2」と連動しており、そのための基本スキルを身につける準備段階と位置づけられている。
社会学演習Ⅱa-7 現代社会のさまざまなテーマを扱った社会学の入門テキストを読み、研究報告を行なう。
レジュメ作成やプレゼンテーション、ディスカッションなどを通して、研究の仕方を学ぶとともに、基本的な社会学や現代社会の諸テーマ、視点についての理解を深める。
社会問題論 2019年4月から法律が改正され、より多くの外国人が日本にやって来ることになる。その背景には、少子高齢化などに伴う就労人口の減少とそれによる各産業の深刻な労働力不足がある。その傾向は過疎化がいち早く進む地方ではなおさら深刻である。しかしながら、大都市圏や外国人が多く暮らす集住地域とは違い、地方では少し前までは外国人人口が少なく、受け入れのための態勢が不十分であるなど課題も多い。本講義では特に地方在住外国人に着目し、外国人住民の生活課題や地域側の受け入れ時の課題を明らかにし、日本人と外国人の間のトラブルを最小限にとどめながら来たるべき「多文化社会・日本」をよりよい形にするための方策について考察する。

スクロールできます。