研究内容

 インド仏教の研究をしています。近年は特に、阿含経典群を精確に理解するための試みとして、『釈軌論』という文献の解読研究をしています。ヴァスバンドゥ(世親)という人物が著述したこの文献を解読することにより、既に失われて久しい古代インドの仏教経典解釈法を現代に復元することが研究の目標です。

ゼミ紹介

 仏教思想コースのゼミを担当しています。このゼミでは、インド由来の仏典(原書)をじっくりと読みながら、仏教の思想的側面について考究します。約2500年にわたって伝承されてきた釈尊の珠玉のことばを丁寧に読むことから、自分で考えるということを身につけてもらいたい。そして、身の回りにある日常の断片についても、自分の言葉で表現できるようになってほしい。そう考えています。

主な担当授業科目

 仏教社会論/仏教と人間/仏教学演習

所属学会

 日本印度學佛教學曾

経歴・活動歴

 1978年生まれ。2001年大谷大学仏教学科卒業。2007年大谷大学大学院博士後期課程満期退学。2007年大谷大学任期制助教。2009年博士(文学)。2009-2010年ドイツ大谷奨学生(デュッセルドルフ)。2011年大谷大学短期大学部助教。2016年同専任講師、現在に至る。 

主要著書・論文

 
論文 「『釈軌論』の経典註釈法とその典拠」
「『釈軌論』における阿含経典の語義解釈法」

スクロールできます。