地域連携

中川学区の暮らし再発見プロジェクト

プロジェクト概要

本プロジェクトは、2015年度から中川社会福祉協議会との連携事業として、「北区民まちづくり提案支援事業」の助成を受けて実施しています。
中川学区は京都市北部の山間地域に位置し、中川・杉阪・真弓という3つの地区があり、古くから林業で栄えてきた町です。しかし今では、住宅の様式が変化し、中心だった林業は衰退しています。少子高齢化が進み、商店や金融などは撤退。最寄りの病院やスーパーまでは車で20分以上かかる状況になっています。公共交通機関であるバスは中川集落のみ停留所があるのですが、杉阪・真弓には通っていません。自家用車中心の生活によって、人によっては外出が困難な状況となっています。一見すると「暮らしていくのは大変そう…」ととらえがちですが、決して大変なだけではなく、そこにはかけがえのない地域の人たちが紡いできた自然の風土や文化、地域行事などへの思いなど、これまで作りあげてきた歴史や暮らしがあります。

本学では、このプロジェクトを通して、地域に暮らす人々の思いを大切に、地域の抱えている課題や、地域のこれからのことを共に考えていきたいと思っています。また、地域に残る伝統や文化の積極的な発信や、地域の資源を活用した新たな生活文化を創造するきっかけづくりなどにも取り組んでいきたいと思って活動をしています。山間の地域での暮らしのお話は初めて聞くことも多く、驚くこともたくさんあります。
何度も地域を訪ね、お話を伺い、さまざまな活動を共有する中で、暮らしを知り、そして共に考えるという経験につながっていると感じています。

活動内容と成果

中川での大谷大学の活動も6 年目を迎えましたが、今年はコロナウイルスの影響もあり、中川に足を運ぶことができなくなるということや、「and house.」 1 や「健康ふれあいクラブ」 2 は活動を計画するものの、実施できないことなどがありました。しかしコロナ禍においても、オンラインでの活動で新しい交流の仕方ができ、サロンや「京都・中川まんまビーア!」 3 などの活動内容の見直しをすることができました。
ゼミの中においても、自分たちがどんな目的で中川に行き、どんな活動を通して住民の方と関わっていくことがいいのだろうか、と改めて考える機会となりました。
このような中、昨年度(2019年度)からは福祉事業所NPO法人HEROES 4 との連携による、お茶を使ったビール「京都・中川まんまビーア!」の製造に取り組みました。また、学生が活動時に撮影した動画や写真をFacebook やインスタグラムなどのSNSを活用して発信し、中川を知ってもらうための情報発信としました。
活動の様子は「中川学区の暮らし再発見プロジェクト活動記録集Vol.6」として冊子にまとめています。閲覧を希望される方は、地域連携室までお問い合わせください。


※1…旧小学校分校にて真弓地区にお住まいの方々との交流を目的に学生が企画・運営するサロン。
※2…中川社会福祉協議会が主催する健康促進と交流の場づくり。
※3…中川に昔からの姿そのままに伝わるお茶の木「まんま茶®」を原料にしたクラフトビール。学生が茶葉を収穫・提供し、売り上げの一部が中川での学生の地域活動に還元される。
※4…西陣(上京区)を拠点とし、西陣麦酒でのクラフトビール醸造を通じて自閉症の方々の就労・地域生活支援を行うNPO法人(理事長は本学卒業生の松尾浩久氏)。

参加者の感想

  • 今年度(2020年度)まで「and house.」などのサロンや「まんま茶®」を使ったビール作りなどを行ってきましたが、コロナの影響もあり、地域の方との交流が薄くなってきていると感じます。来年度は、地域の方とお会いできなかった期間を取り戻せるように、ゼミと地域の交流を再度作り直していくことが出来ればと思います。
    社会学部コミュニティデザイン学科 第2学年
  • 今年度(2020年度)は楽しみに準備してきたものが活かせず悔しい思いをしました。昨年度の反省から力を入れていたため、良くない思い出が多く印象に残っています。ですが、こんな状況の中でも以前に企画したものを楽しく思ってもらい、学生がいなくても自主的に地域の方が集まっていたという話を聞いた時はとても嬉しかったです。来年度は嬉しい報告が沢山できるように、聞けるように活動していきたいと思います。
    社会学部コミュニティデザイン学科 第2学年

本プロジェクトの関連学科