受験生の方へ

指定校制推薦入学制度 【専願制】

スケジュール

出願期間(消印有効)

試験日

  • 選考日

合格発表日

入学手続締切日(締切日消印有効)

入試のポイント

  1. Point01

    指定の高等学校又は中等教育学校を通じて出願してください。

  2. Point02

    高等学校又は中等教育学校の学校長の推薦を尊重し、提出書類・小論文・面接によって選考します。

スイスイ出願(インターネット出願)

入試概要

推薦依頼校

協議により、本学との間に、教育目標について相互理解を深め、緊密な信頼関係を維持することができると確かめられた高等学校又は中等教育学校。依頼校とは、毎年度協議を継続する。 

推薦条件

以下の1~7の全ての項目に合致する人物
  1. 本学の学風に親しみをもち、本学に学ぶことに強い意欲をもつ者
  2. 本学の教育目標と入学者受入れの方針を理解していること。また、各学科(教育学科においては各コース)ごとに記載した「学科の目標」と「学科が求める学生像」に沿った人物であること(実施要項[願書]参照)
  3. 内発的な関心により読書し、物事をゆっくり時間をかけて粘り強く考え、深く理解しようと努め、それを明快に表現できる人物であること
  4. 2022年3月に本学が指定する高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの者で、学校長の推薦のある者
  5. 本学に専願の者
  6. 下記のいずれか又は複数を満たす人物であること。ただし、①②③のいずれか1つを必ず含むこと
     ①宗教的関心のある者
     ②知的探究心のある者
     ③学業において優秀な者
     ④課外の活動を持続的に実践してきた者
     ⑤高校生活を意欲的におくってきた者
     
  7. 調査書の学習成績の状況の基準を満たしていること
  ※調査書の学習成績の状況の基準については、出身学校の進路指導部にお尋ねください。
  ※高大連携型推薦枠(NP)の推薦条件、基準については出身学校の進路指導部にお尋ねください。 

選考方法

出身学校長の推薦を尊重し、提出書類・小論文・面接によって選考する。 

事前講義

選考日に先がけて、事前講義を11月27日(土)に行います。参加は任意です。 

選考会場

本学 

指定校制推薦入学制度対策講義 「課題図書の読み方及び小論文作成に関する講義」(2021年度実施分)

2020年11月29日(日)に、2021年度指定校制推薦入学制度出願者を対象として、「課題図書の読み方及び論文作成に関する講義」を実施しました。当日は入学センター長の田中久美子教授より、事前に配付した課題図書の読み方や小論文の作成方法等について説明しました。当日の講義の様子を動画にて紹介しますので、ぜひご覧ください。 

入学前教育について(予定)

指定校制推薦入学制度合格者には、大学で学ぶための準備を行っていただくために、入学前教育を実施しています。入学前教育は「自習プログラム」と「学科プログラム」の2つに分かれています。「自習プログラム」は基礎的な学びを続けるために入学予定者に自主的に取り組んでもらうものであり、「学科プログラム」は大学入学後の学びの特質を簡潔に伝えるために大谷大学の各学科が主導して入学予定者に課すものです。内容は学科により異なりますが、課題図書に対するレポート指導や、入学前に来学していただいての指導を行います。

※指定校制推薦入学制度の詳細については、出身学校の進路指導部にお尋ねください。