地域連携

コミュニティメディアプロジェクト

プロジェクト概要

3学年の合同の演習として、大学のある北区北大路エリアの情報発信をテーマとしたプロジェクトを行いました。
北大路エリアは、京都市内中心部の京都駅や烏丸、河原町エリアに比べてタウン情報誌などのメディア掲載もあまりありません。また北区には上賀茂神社、金閣寺などもあり周辺地域の情報は旅行雑誌などでも取り上げられていますが、北大路駅周辺は掲載が少ないというのが現状です。こうしたなか、学生が地域に密着した情報を取材し、発信に取り組むのがこのプロジェクトです。メインの対象層は、この地域で暮らす、働く、学ぶ若い世代です。この地域での生活歴が少なく、地域の情報を求めている層にインターネット等を通じて情報を届け、人やお店とのつながりづくりを促します。
2016年からはコミュニティラジオ局にて毎週1回の50分番組を放送。2020年度も継続して取り組んでいます。また、2017年8月に開設した地域情報サイト「キタキタ!」も継続して制作。この他、情報誌「キタキタ!」の第4号も制作しました。
これらの取り組みを通じて、学生が地域に埋もれていた面白いお店やイベント情報を知ること、地域の人の暮らしや仕事の面白さ、大変さなどを知ること、また、パソコンを使っての情報発信スキルや、対人コミュニケーションのスキル向上を図ることを目指しています。

活動内容と成果

ラジオ番組「大谷大学ハッピーアワー!」を毎週火曜日19時より放送。全51回放送し、地域の商店主やNPOスタッフなど多数の方にゲストとして登場いただきました。
また、新規に開設した地域情報サイト「キタキタ!」では、「地域のニュース」「イベント情報」「グルメ」「ショッピング」「お出かけスポット」「まちづくり」などをテーマにまちに出て取材を行い、情報を発信。約40件の記事を発信しました。

情報誌「キタキタ!」では、「手づくりのしごとと暮らし」と題して、個性的、ユニークな仕事に取り組む若い世代、8組へのインタビュー。北区での仕事や暮らしを紹介しました。また、古くからの地域の魅力を紹介するコーナーとして、紫明学区、紫野学区の和菓子を紹介しました。
これらの取り組みを通じ、学生たちと、地域の面白い若者、大人とのつながりが生まれた他、地域の人たちの様々な生き方、働き方に刺激を受けています。また、学生たちは、番組や情報誌づくりなどに必要な企画力、チーム運営に必要なマネジメント能力を身に着け、ラジオ放送や取材を円滑に進める会話力(コミュニケーション能力)も身につけることができました。

ラジオ番組「大谷大学ハッピーアワー!」を毎週木曜日19時に放送。年間約50回放送し、地域の商店主やNPO スタッフなど多数の方にゲストとして登場いただきました。コロナウイルスの影響もありましたが、オンラインでの収録、放送を行うなど、感染対策を図りつつ、実施することができました。
また、地域情報サイト「キタキタ!」は後期のみの取り組みとなりましたが、コロナの影響が大きい飲食店を中心に取材を行い、約30件の記事を発信しました。情報誌「キタキタ!」第4号では、北区長、地域の事業者9名へのインタビューを行い、コロナ禍での奮闘ぶりを伝えました。これらの取り組みを通じ、学生たちと、地域の面白い若者、大人とのつながりが生まれた他、地域の人たちの様々な生き方、働き方に刺激を受けています。また、学生たちは、番組や情報誌づくりなどに必要な企画力、チーム運営に必要なマネジメント能力を身につけ、ラジオ放送や取材を円滑に進める会話力(コミュニケーション能力)も身につけることができました。

参加者の感想

  • 記事作成が初めてだったので不安はありましたが、他の人の取り組みも参考にしながら形にできてよかったです。電話やメールのマナーなど、これからの活動に活かせるスキルも学ぶことができました。
    社会学部コミュニティデザイン学科 第1学年
  • ラジオのゲストの方から自分とは違う考え方や意見をもらうことができ、ためになりました。コロナの影響でインタビュー音声の編集なども大変でしたが、新しいことへの挑戦を通じて成長できたと思います。
    社会学部コミュニティデザイン学科 第2学年

本プロジェクトの関連学科