地域連携

子ども子育て支援プロジェクト

プロジェクト概要

子育て世帯がたくさん暮らす住宅街という側面を持つ北区。京都市及び北区は子育て政策として、子育て中の保護者の不安や疑問を解消し、地域で孤立しないよう、地域の人たちとの仲間づくりや交流活動を推進している。
大谷大学教育学部教育学科幼児教育コースではこれらを将来保育士や幼稚園教諭など、保育者を目指している学生たちの実践的な学びの機会(とくに近年保育者として必要とされている子育て支援・保護者支援の実践力を身につける学びの機会)として捉え、またそれが同時に地域貢献を実現する試みとして「子ども・子育てプロジェクト」に取り組んでいる。

活動内容と成果

2020年度の具体的な活動としては、新型コロナの影響により以下の事業を展開した。

1)いないいないばぁ教室
京都市の子育て支援事業である「いないいないばぁ教室」を京都市子育て支援事業の北区の拠点園である京都市楽只(らくし)保育所と共同で半期6回実施した。実施にあたっては、大谷大学への入構が基本的に教職員と在校生のみに制限されたということから、楽只保育所での実施となった。また学生の参加も人数を制限し、京都市から各回3名までとなった。
また例年活動していた、北区の「地域子育て支援ステーション」である紫明幼稚園・のぞみ保育園と連携し子育て相談や子育て講座・園庭開放等に取り組む「あかちゃんにこちゃんサロン」は、本年度(2020年度)は中止となった。

2)赤ちゃんと保護者を「つなぐ」動画配信
大谷大学を会場に開催されていた北区の事業「つながるフェスタ」における「はぐくみ広場」は、対面での実施は中止となった。その代替として主催者側からの依頼があり、学生による赤ちゃんと保護者を「つなぐ」ためのふれあい遊びや手遊びなどの動画配信を教育学部教育学科幼児教育コース3年生全員で取り組んだ(この取り組みに関しては、地域連携事業としてではなく小川晴美先生の科目「保育相談支援」で対応した)。

本年度(2020年度)に関しては、上記の事業のみの実施となった。例年取り組んでいるその他の事業も前述したような対応となった。「つながるフェスタ」における「はぐくみ広場」の代替の取り組みに関しては、来年度(2021年度)の状況にもよるが、北区と連携しながら地域連携事業として展開できるよう進めていきたい。