スマートフォン向け表示
ここからサイトの主なメニューです

Home > 地域連携 > 南丹市美山平屋地区との交流

地域連携

南丹市美山平屋地区との交流

プロジェクト概要

 年を重ねても地元で暮らし続けられる地域にしていくことを目標に地域活動に取り組む、平屋地区地域福祉推進協議会、南丹市社会福祉協議会のみなさんと共にプロジェクトに取り組んでいます。
 学生による高齢者宅等への訪問・交流をきっかけに、地域の住民同士の間においても訪問交流を円滑にし、地域の人どうしによる支え合いを地区ぐるみで行う活動です。
 本プロジェクトは、京都府社会福祉協議会が実施する京都ボランティアバンク補助事業「あたらしい組み合わせをつくる~コラボ活動助成~」の助成を受けて実施しました。

活動内容と成果

 2017年度は1泊2日の宿泊型プロジェクトとして実施しました。1日目は、平屋地区の高齢者の皆さんとの交流を目的とした「ふれあいカフェ」を実施しました。学生による「音楽隊」を結成し、一緒に歌って楽しめる音楽を披露し、楽しい時間を共有することができました。
 2日目は、2016年度に同地区で実施した暮らしの困りごと調査のなかで、地域の皆さんから、草刈りや雪かき、農作業などの頼みごとや、将来への不安や日頃の話し相手が少ないことを伺い、改めてそれぞれのお宅へ訪問し、交流や生活のお手伝いを行いました。

参加者の感想

・サロンの参加や個別訪問先での栗拾いも印象深いですが、何より住民の皆さんから美山のいいところをたくさん教えていただいたことが一番記憶に残っています。私は初めての参加で緊張もあったのですが、皆さん快く迎えてくださり、とても充実した2日間でした!(文学部社会学科 3年)

・私は、いつ伺っても笑顔で出迎えてくださる温かい美山という地域が好きです。前回は、80人規模のふれあいカフェのお手伝いをさせていただき、内容、集客力共にとても勉強になりました。美山プロジェクトで身につけた知識を、他の地域でのサロン活動でも発揮し、地域活性化に貢献したいです。(文学部社会学科 4年)

Home > 地域連携 > 南丹市美山平屋地区との交流

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです