研究内容

 西洋哲学、とくに古代ギリシャ哲学(ソクラテスやプラトン、アリストテレスなど)に関心を寄せて研究してきました。現在の研究テーマは「幸福(よい人生)」。制約ある境遇を生きる人間にとって、幸福とは何か、幸福の条件とは、運や性格や徳との関係は……。古代ギリシャの哲学者たちが残した思索や近現代の議論を手がかりに、幸福という古くて新しい問題の本質に迫りたい。また、明治期に西洋哲学がどのように受容されたかについても研究しています。

ゼミ紹介

 哲学のいのちは「対話」です。人と議論する(他者との対話)、本を読む(遠くの他者との対話)、考える(自己との対話)——どれも大切です。その練習をゼミでします。幸福や友愛について、あるいは、正義とは何か、死は悪かなど、人生やこの世界をめぐる哲学の諸問題について、みなさんと一緒に、本を読み、考え、議論します。対話の経験を通して、それまで気づかなかった人間や世界についての見方・考え方を知ることができるでしょう。いざ、哲学・西洋思想の旅へ!

主な担当授業科目

 哲学科演習/哲学科特殊演習/古典ギリシャ語入門/英語Ⅰ

所属学会

 西洋古典学会/古代哲学会/関西哲学会など

経歴・活動歴

 2003年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。2008年大谷大学任期制助教、その後非常勤講師、学習支援主任アドバイザーを経て、2019年大谷大学専任講師。

主要著書・論文

 
共訳 『ケンブリッジ・コンパニオン——古代ギリシア・ローマの哲学』(京都大学学術出版会、2009年)
プラトン『エウテュプロン/ソクラテスの弁明/クリトン』(京都大学学術出版会、2017年、朴一功と共訳)
論文 「〈気概〉の概念再考——プラトンの『国家』439e-441c——」(2010年)
「明治前期の東京大学外国人哲学教師の資料調査——日本における西洋哲学の初期受容に関する調査・分析のために——」(2012年)
「ソクラテスの哲学的探求における定義の優先性」(2016年)

スクロールできます。