研究内容

 啓蒙主義期(18世紀)のドイツ語圏の作家について学んでいます。ただし、一般の文学史などで紹介されている、「メジャー」な人物にはあまり興味がありません。それよりも、現在では忘れられているけれども、当時にあってはよく知られていた作家に強く惹かれます。そのような「マイナー」な作家ほど、18世紀という時代について、よく教えてくれるように思うからです。

ゼミ紹介

ドイツ文学ゼミ

 現在は、ドイツ文学の名作を読みながら、グループ・ディスカッションを楽しんでいます。作品のどこがおもしろいのか、なぜそこがおもしろいのか、という素朴な問いが、思いもよらぬ解釈に至ることも・・・

ドイツ文化ゼミ

 ドイツ語の資料をとおしてドイツの文化を学んでいます。ゼミ生の名訳には感心させられます。「自分の思っていたドイツは、ほんとうのドイツではない」と気づいてくれたとき、僕はとてもうれしくなります。

主な担当授業科目

 【院】語学文献研究(独語)/国際文化概論/ドイツ文学演習/国際文化演習

所属学会

 日本独文学会/日本18世紀学会

主要著書・論文

 
論文 ハインリヒ・フォン・クライストの文体-文体論からのアプローチ-
「詩人は病人か?-ゲーテ『トルクヴァート・タッソー』におけるメランコリーについて-」
「『ミヒャエル・コールハース』とプロイセン改革-「営業の自由」を中心に-」
「演技術と心理学-J. J. エンゲル『演技のための理念』(1785-86)について」等

スクロールできます。