受験生の方へ

大学院社会人入試 | 編入学/社会人入試/大学院入試
人文学研究科 2022年4月名称変更

スケジュール

出願期間(消印有効)

試験日

合格発表日

  • 合格発表日

入学手続締切日(締切日消印有効)

  • 第1次

  • 第2次

募集人員

修士課程(真宗学専攻、仏教学専攻、哲学専攻哲学・現代思想領域※、哲学専攻倫理・宗教思想領域※、仏教文化専攻日本文化領域、仏教文化専攻東洋文化領域、仏教文化専攻西洋文化領域※、国際文化専攻、教育・心理学専攻)各専攻とも若干名

※哲学専攻及び仏教文化専攻の領域は2022年4月設置

出願資格

入学年度の4月1日までに4年以上の社会経験を有する者で、次の事項のいずれかを満たしていると本学が認めた者。

  1. 学校教育法第83条に定める大学を卒業した者又は2022年3月卒業見込みの者
  2. 文部科学大臣の定める基準を満たす専修学校の専門課程を修了した者又は2022年3月修了見込みの者
  3. その他本学大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
  • 上記の社会経験とは、企業への就業経験の有無を問わず、家業専従者など広く社会人一般を対象とします。
  • 社会人のための特別な課程・授業科目及び時間割は設けていません。また、教育・心理学専攻は、高度専門職業人の育成を目的とした専攻であることに留意してください。
  • この入学試験制度での入学者を対象に、「大学院長期履修学生制度」を設けています。

試験科目

試験科目
試験時間
配点
備考
小論文
90分
100点
全専攻共通問題
面接※
-
-
 

※面接の順番は試験当日にお知らせします。 

スクロールできます。

大学院長期履修学生制度について

本学の長期履修学生制度は、学生が職業を有している等の事情により、2年の標準修業年限を超えて3年もしくは4年間で(休学期間は除く)教育課程を修了することを希望する場合に、その計画的な履修を認める制度です。本制度を利用した場合、修了所要科目の年間履修登録単位数には制限があります。
この制度の利用を希望する方は、社会人入試出願書類とともに「大学院修士課程長期履修申請書」(本学所定用紙)を提出してください。
申請資格、申請方法等詳細は、入学センターにて配付しております社会人入試要項にてご確認ください。
なお、本制度は、大学院社会人入試出願者のみ申請可能です。他の入試制度では、申請できませんので留意してください。
一部の奨学金については、給付・貸与の条件が制限される場合があります。

真宗大谷学園特別奨学金

真宗・仏教の教学振興に寄与するため、大谷大学大学院修士課程・博士後期課程の真宗学専攻及び仏教学専攻への入学者を対象として、人物・学力ともに優秀な方に奨学金を給付しています。
詳細は下記を参照ください。