社会学部 白取耕一郎 講師が代表を務めるチームが「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」で都知事杯(最優秀賞)を受賞

表彰式後のチーム集合写真
表彰式後のチーム集合写真(前列左から2人目:白取講師)

本学社会学部コミュニティデザイン学科 白取 耕一郎 講師が代表を務めるチーム(「proj-inclusive×一般社団法人防窮研究所」チーム)が、東京都主催の「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」において、都知事杯(最優秀賞)を受賞しました。

都知事杯オープンデータ・ハッカソンは、都のオープンデータを活⽤して⾏政課題の解決に向けたデジタルサービスの提案を競う大会であり、東京都⺠のQOL(生活の質)向上につながる新たなサービスを創出することを目的として開催されています。

白取講師のチームは、アプリ「支援みつもりヤドカリくん」の制作というプロジェクトに取り組みました。このアプリは、社会的支援制度に関するChatBotと支援制度により受けられる可能性のある助成金などの金額を試算するシミュレーターを実装し、当事者や支援者が必要なときに必要な支援にアクセスすることができるものです。

今回制作したアプリについては、東京都の協力のもと、2023年度末のサービス実装に向けて開発を進めていく予定です。

  • 開発風景
    開発風景
  • プレゼンテーション(Youtubeスクリーンショット)
    プレゼンテーション(Youtubeスクリーンショット)

都知事杯オープンデータ・ハッカソン 2023 Final Stage

PROFILEプロフィール

  • 白取 耕一郎 講師 SHIRATORI Koichiro

    博士(法学)

    【研究領域・テーマ】
    公共政策/協働/社会福祉 / 講師