研究内容

 親鸞の人間観。親鸞が、自己・人間をどのように確認したのか、そこから明らかになる人間像について学んでいます。具体的には、親鸞真筆の『坂東本・顕浄土真実教行証文類』に親鸞の人間観を尋ねながら、その背景にある善導・法然の仏教観を考察するために『観無量寿経・阿弥陀経集註』の読解に取り組んでいます。

ゼミ紹介

 親鸞の語録である『歎異抄』を丁寧に読み進めながら、親鸞の人間観を学び、私たち一人ひとりが生きることの大切さ、課題を考えていきます。学生の発表とディスカッションを中心に授業を進めています。

主な担当授業科目

 【院】真宗学特殊研究(文献研究)/教化学演習/真宗学演習/人間学

所属学会

 日本印度学仏教学会/日本宗教学会/真宗連合学会/佛教史学会/高田学会/真宗学会

経歴・活動歴

 1965年宮崎県生まれ。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程(真宗学)単位取得退学。文学修士。

主要著書・論文

 
論文 「親鸞における教学の視座」
「親鸞の思想課題における「文類」形式の考察」
「無窮の志願-坂東本修復・復刻事業を通して-」
「親鸞における愚禿釈の名乗りと無戒名字の比丘」

スクロールできます。