研究内容

 研究のテーマは「親鸞の仏弟子論」。仏教はどのような生き方を人間に開くのか、それを親鸞の生涯と思想を通して尋ねることを目的としています。方法としては、親鸞がどのようにこの世を見つめ、どのように人間の問題を捉えていたかを、『教行信証』をはじめとする親鸞の著作を通して明らかにしていきます。あわせて、親鸞を生み出した歴史と、その時代についても考察を加えていきます。

ゼミ紹介

 大学院のゼミを担当しています。修士課程、博士課程ともに、『教行信証』を少しずつ読み進めています。ゼミは共同学習の場なので、各自の課題をもって参加することが大切になります。自分の考えを発表し、人の意見をよく聞くことを通して、親鸞が何を呼びかけているのかを尋ねていくことを目指しています。

主な担当授業科目

 【院】真宗学特殊研究(演習)/真宗学概論/真宗学演習/仏教の視点

所属学会

 日本仏教学会/日本印度学仏教学会/国際真宗学会/真宗連合学会/日本宗教学会

経歴・活動歴

 1957年石川県生まれ。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。現在、大谷大学教授。

主要著書・論文

著書

  •  『大無量寿経講義-尊者阿難、座より起ち-』(文栄堂)
  • 『親鸞聖人に学ぶ-真宗入門-』(東本願寺) 
  •  『この世を生きる念仏の教え』(東本願寺)
  •  『四十八願概説-法蔵菩薩の願いに聞く-』(文栄堂)
  •  『シリーズ親鸞 親鸞の教化』(筑摩書房)
  •  『日本人のこころの言葉 蓮如』(創元社)
  •  『『入出二門偈頌文』聞記』(東本願寺)
  •  『親鸞の教化ー和語聖教の世界ー』(東本願寺)
  •  『阿弥陀経入門』(東本願寺)