スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 大学院文学研究科 > 国際文化専攻

大学院文学研究科

国際文化専攻

2017/05/22

2016/10/24

2016年度大谷学会研究発表会

2016/06/08

教育研究目的

古今東西の多様な文化に向き合い、そこに見出される関係性や普遍性に注目することによって、高度な学問的洞察力と広い国際的発想力をもつ人物の育成をめざす。

修士課程

欧米とアジアの文化の諸相を、個と普遍の視座から探究。

地域文化研究と比較文化研究という、縦糸と横糸の2つの観点からカリキュラムが構成され、多くの少人数授業が設けられています。地域文化は、大きく英米文化、ヨーロッパ(EU)文化、アジア文化の3地域に大別され、教員は学生個々の興味や個別テーマと積極的に関わり、きめの細かい指導を行うとともに、巨視的見方を養います。また、文学、言語文化、芸術、歴史、思想などの学問分野や学際分野をも豊かに取り込めるだけの、柔軟で確固とした研究能力が身につくように指導します。
こうした目標達成のため、主要科目「地域文化特殊演習」では、地域の枠を超えた合同ゼミ形式を取り入れています。合同ゼミは、学生の研究発表と質疑、討論、複数教員による助言というユニークな形で行われ、これによって学生は、各地域文化の特異性に通暁するだけでなく、地域の枠を超えて発想し、新たなテーマを発見し、展開できるだけの力をしっかりと培うことができます。
また、英語教諭一種免許状の取得をめざすのにも好適です。

博士後期課程

国際文化における個と普遍のテーマをさらに拡大・深化させ、グローバルな貢献をめざす研究者を育成。

博士後期課程では、修士課程での比較文化研究、地域文化研究をふまえ、それをさらに推し進め展開していきます。専門研究をより精緻に継続するとともに、ひろく東洋文化、西洋文化について、代表的文献の徹底的読解、思索、そして議論により、それぞれの思想文化をより深い次元で総合的に把握できるよう指導します。
また、それぞれの専門テーマの根源にある精神文化を深く学ぶことで、グローバルな規模でさまざまに柔軟な発想ができる研究者の育成をめざします。
特定領域に関する専門研究の深化だけでなくクロスカルチュラルな視座を獲得することで、真に斬新な発想も生まれ、独創的な研究業績を世に問うことも可能になると考えるからです。また国内外の他大学院からも学生を受け入れています。指導は各専門領域の外国人教員と日本人教員が協力してあたります。

最近の修士論文題目(抜粋)

●日本の近代小説に描かれた家・恋愛・結婚
●『桃太郎』文献と疱瘡儀礼
●『今昔物語集』の天狗における魔の性格
●The Road and the Trail: Jack Kerouac, Neal Cassady, and Gray Snyder
●宮沢賢治の童話作品における自己犠牲について
●G. B. ShawのSaint Joanにおける異端裁判
●グレアム・グリーンの『情事の終り』における「神」について
●国際化と英語教育 —小学校での取り組み
●ジェイン・オースティンの『説得』 —沈黙のロマンスと語り—
●Deformation in Wonderland The Hidden Intention in Alice’s Adventures in Wonderland
●英語の敬語表現と文化
●世界樹ユグドラシル—その姿と象徴的意味—
●In Hot Blood: Elements of Desire in Truman Capote’s In Cold Blood
●クイアたちの実像 —アメリカ、日本、中国における性的マイノリティの社会運動とマスメディア—

最近の課程博士論文題目(抜粋)

●初期サキャ派成立史の研究
●古代インドにおける四住期段階説の成立
●アムド・チベット人の活動とその歴史的意義 -14世紀~18世紀の内陸アジア史-
●ダライラマ13世時代(1876−1933)のチベット政治史 -「近代化」と「仏教」のあいだ-
●Milindapanhaの成立と初期経典の発達
●後伝期初期のチベット仏教世界 -カダム派を中心として-
●古代インドにおける放捨のヨーガとナーラーヤナ信仰
●師資相承から見るチベットの聖者ミラレーパの仏教者としての生き方

Home > 大学院文学研究科 > 国際文化専攻

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです