ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 三浦 誉史加 【英文学・英米文化】

教員一覧

三浦 誉史加 【英文学・英米文化】

三浦 誉史加 准教授 Miura, Yoshika

三浦 誉史加 准教授 Miura, Yoshika

博士(文学)

【専門分野・資格】
英文学・英米文化

研究領域・テーマ

英米文学・英米文化/英国ルネサンス演劇/シェイクスピア

研究内容

英国ルネサンス演劇、特にシェイクスピアを中心に研究しています。現在関心を抱いているのは、シェイクスピア作品と「子ども」の関係です。シェイクスピア受容史をふまえ、民話を含む児童文学を照射しつつ、社会や文化に構築される「子ども」を検証します。

ゼミ紹介

欧米文化コース「イギリス文化」ゼミを担当します。ハリー・ポッターにアフタヌーン・ティー…イギリス文化は魅力に溢れています。普段気軽に接している映画やテレビや雑誌の分析を通して、イギリス文化とは何か、異文化理解とは何か、多様な価値観との出会いが自らを知ることにどうつながるのか、一緒に考えてみませんか。このゼミでは、まず地理・歴史・文化の基礎を学びます。イギリス文化への理解を深めつつ興味を持てるテーマを自分で見つけ、それについて自分で調べ、分析・考察を行い、自分なりの答えを見出す中で、「課題発見力」「計画力」「実行力」といった、将来社会に出るために必要な力を伸ばしていきましょう。

主な担当授業科目

【院】比較文化研究/国際文化演習/日本語表現(実践)/英文学概論

所属学会

日本英文学会/日本シェイクスピア協会/日本英文学会関西支部

経歴・活動歴

バーミンガム大学シェイクスピア研究所修士課程修了。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程 (英文学専攻) 修了。文学博士。大谷大学任期制助手、梅光学院大学専任講師を経て、2011年に大谷大学文学部着任。

主要著書・論文

共著 『ドラマティック・アメリカ』(英宝社、2002年)
『英米文学における病と身体』(英宝社、2004年)
学術論文 「英国初期近代parlourと家父長制—HolinshedにおけるThomas Ardenのparlourをめぐって—」
"The Ghost and Community in Hamlet and The Winter’s Tale."
"The Blurring of the Border between the Doctor and Patient: Questioning the Patriarchy in The Two Noble Kinsmen."
「物語る不死鳥—『テンペスト』とジェイムズ王—」
「『ロミオとジュリエット』における乳母と母親の関係」
「『マクベス』小論—衣服の比喩における市場経済と社会的流動性」他6編
修士論文 "Curing / Cured Females: Mental Disorder in All’s Well That Ends Well and The Two Noble Kinsmen"
"Language and Music in Patriarchal Thought: A Study of Othello"
博士論文 "The Function of Storytelling in Shakespeare’s Romance Plays"

Home > 教員一覧 > 三浦 誉史加

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです