スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員免許状更新講習

教員免許状更新講習

2018/02/21

2017/01/26

本学での講習開講について

2007年6月の教育職員免許法の改正により、2009年4月から教員免許更新制が導入されました。これにより、2009年3月31日までに授与された教育職員免許状を持っている現職教員等の方々については、生年月日ごとに定められた修了確認期限、2009年4月以降に教員免許状を授与された方には免許状記載の修了確認期限までに30時間以上の免許状更新講習の課程を修了し、必要な手続きを行うことが求められます。
また、法改正に伴い2016年度より必修領域6時間、選択必修領域6時間、選択領域18時間となります。
※受講対象者は、現職教員以外にも教員経験者などがあります。詳細は文部科学省免許状更新講習ホームページをご確認ください。

2018年度更新講習について

2018年度の第1期要項を発表しました(2/21)。
第1期申込受付は2018年3月19日(月)消印有効分となります。それ以前の消印分につきましては受け付けることができませんので、ご注意ください。

第2期要項につきましては、6月中旬頃の発表を予定しています。
(申し込み開始は7月中旬~となります。)

 <第2期講習日程(予定)>
  9/1(土)宇治・翔英高校「フィールドワークで学ぶ宇治の歴史」(定員40名)
 12/1(土)大谷大学「学校・家庭・地域・関係機関の連携協働について」(定員60名)
 12/2(日)大谷大学「教育の最新事情と動向④—学校教育のいま、そして今後は—」(定員150名)
 12/8(土)大谷大学「子どもの発達と特別な配慮・支援について」(定員150名)
 12/8(土)大谷大学「古典文学の世界」(定員40名)
 12/9(日)大谷大学「知的障がい者の支援」(定員150名)

定員に達した科目(5/23)

【定員に達した科目:必修領域】
・H-01「教育の最新事情と動向①—学校教育のいま、そして今後は—」(8/2)※3/22まで
・H-02「教育の最新事情と動向②—学校教育のいま、そして今後は—」(8/3)※3/29まで
・H-03「教育の最新事情と動向③—学校教育のいま、そして今後は—」(8/9)※5/2まで

【定員に達した科目:選択必修領域】
・SH-01「現代の倫理的諸問題と道徳教育」(6/17)※4/23まで
・SH-02「学習指導要領改訂にあたっての課題認識」(6/24)※3/29まで
・SH-04「学校・家庭・地域・関係機関の連携協働について」(8/3)※3/22まで
・SH-05「子どもと保護者の理解と支援—教育相談で求められること—」(8/7)※4/16まで
・SH-06「いのちの教育は可能か?」(8/25)※4/1まで

【定員に達した科目:選択領域】
・S-05「発達臨床・法心理学から見たヒトの育ち」(6/2)※3/29まで
・S-06「地域・くらし・子育て」(6/3)※3/29まで
・S-07「子どものこころに寄り添う」(6/16)※3/22まで
・S-08「知的障がい者の支援」(6/23)※3/22まで
・S-09「子どものこころに寄り添う」(6/30)※3/22まで
・S-10「一人ひとりのニーズに応じた教育・指導・支援」(7/1)※3/22まで
・S-11「紙芝居の理論と実践」(7/15)※3/22まで
・S-12「「親鸞」学—真宗的人間観」(8/4)※5/9まで
・S-15「フィールドワークとものづくりで学ぶ小学校理科」(8/6)※3/29まで
・S-18「プロジェクト保育の理論と方法」(8/7)※3/22まで
・S-19「一人ひとりのニーズに応じた教育・指導・支援」(8/8)※5/2まで
・S-20「人間関係についての心理学的アプローチ」(8/10)※5/2まで

<5/23付定員に達した科目>
・S-13「仏教と現代の人間」(8/5)※5/23まで
・S-14「「差別」を凝視する」(8/6)※5/23まで

※に記載されています日付の消印まで受付とします。
なお、応募者多数のため、抽選になる科目がございますので、あらかじめご了承ください。

メールフォーム

Home > 教員免許状更新講習

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです