ここからサイトの主なメニューです

Home > 就職情報/キャリア支援 > インターンシップ・プログラム

就職情報/キャリア支援

インターンシップ・プログラム

●本学が実施するインターンシップは、在学中に企業等での就業体験を通して、働く意義、将来の目標を明確にするための教育プログラムです。
●正課授業として行われるものには、(公財)大学コンソーシアム京都が行う「インターンシップ1 」と大谷大学が行う「インターンシップ2」があります。
●正課の授業は、事前講義、就業体験(実習)、事後講義と体系的に履修します。
●事前講義では、インターンシップが有意義なものとなるように目的・実習目標を明確にします。また、ビジネスマナー等の学習も行います。
●実習では、職業観や就労意識を高め、体験を通して働く意味と仕事のしくみを知り、自らのキャリアに対して明確な考えを築くことが期待できます。
●事後講義では、実習を通して得た問題意識、関心、気づきを今後の学習課題や進路就職・人生設計につなげていくことに重点を置いています。

インターンシップ1大学コンソーシアム京都プログラム

●(公財)大学コンソーシアム京都のプログラムは、文学部・短期大学部全学年を対象としていますが、本学では、文学部第2・3学年、短期大学部第2学年のみ単位修得が可能です。
●スケジュール、選考方法、実習先等は、(公財)大学コンソーシアム京都が発行している『インターンシップ・プログラム実習生募集ガイド』や(公財)大学コンソーシアム京都のホームページで確認をしてください。
*単位互換科目「インターンシップ入門」(同志社大学)とは別科目です。注意してください。

インターンシップ2大谷大学プログラム

●文学部・短期大学部全学年が対象で、単位修得が可能です(実習先によっては、学年・資格等を指定される場合があります)。
●実習先は本学と有縁の企業等で、(公財)大学コンソーシアム京都や他大学では就業体験できない実習先もあります。 
※実習先の詳細は、4月のインターンシップ2大谷大学説明会および出願票にてお知らせします。

注意事項

●出願後はキャンセルすることができません。また、選考に合格した場合の辞退も認められません。
●実習先が提示した実習内容(就業体験プログラム)と就業規則等に従って実習を行います。
●実習の報酬・交通費・食事代などは支給されません。
●7月中に実習先へ事前訪問をし、実習内容や日程の確認をします(詳細は事前講義にて指示)。

2015年度の受講生の感想

文学部 第3学年
「自分の甘さが見えたのはよかったです。将来のことも以前よりもっと強く考えるようになりました。」
文学部 第3学年
「企業の雰囲気を味わうために参加したが、事前・事後講義で話合い、実習中に自分で考える場面がいくつもあり自分を見つめなおすいい機会になった。」
文学部 第3学年
「講義もインターンシップ自体も自分の就職活動に向けての力になったと思います。事前講義のグループワークは全員がやる気を持って取り組んでいたのでとても楽しかったです。」

2015年度 実習先

株式会社アグティ/株式会社大垣書店/ウエスティン都ホテル京都/協栄ビル管理株式会社 公益社団法人京都市保育園連盟/京都中央信用金庫/株式会社小堀/滋賀ダイハツ販売株式会社 真宗大谷派宗務所/医療法人社団千春会/大成建設株式会社/東武トップツアーズ株式会社

インターンシップ3 学校(教職)プログラム

文学部第3・4学年及び大学院対象

インターンシップとは、学生が在学中に学校現場において就業体験を行うものです。インターンシップ3学校(教職)は正規の科目であり、単位が修得できます。
研修内容やスケジュールなどの詳細は、4月のオリエンテーション期間中に開催される教職課程説明会で説明します。必ず出席してください。

受講生

●教育に対して強い意欲と熱意を持つ学生
●文学部第3・4学年及び大学院生で教職課程を履修している学生または履修済みの学生
●学校ボランティアを経験した学生及びそれに準ずる学生

教員に関してのプログラム問い合わせ先

教職支援センター(4号館1階)

注意

1.各インターンシップは同年度に同時履修することはできません。
2.単位認定などについては『履修要項』『授業概要』を参照してください

Home > 就職情報/キャリア支援 > インターンシップ・プログラム

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです