スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 社会学部

社会学部

社会学部のコンセプト

社会と、地域と、つながる人へ。

豊かで便利な社会のように見える日本。しかしその裏にあるのは、少子高齢化、地方の過疎化、経済格差、自然災害…。たくさんの社会問題が進行し、困っている人々がいます。本当の豊かさとは何なのか?それは、人や地域がもっとつながって“ともに生きる社会”のなかで見出せるものではないでしょうか?困っている人々に「寄りそうこころ」を原動力に、「人と人をつなぎ、問題を解決する力」を身につけます。人と人、人と地域、お互いが敬いあい、支えあい、ともに生きていく、これからの社会を創造する人をめざします。

学べる学問:文化人類学/総合政策学/社会学/情報学/メディア学/人間科学/福祉学/スポーツ学

社会学部の学科

地域社会の抱える問題を知り、未来を創造する学び。

少子高齢化、過疎化、経済格差、コミュニティでの人間関係の希薄化といった、社会問題が山積する現代日本。社会学部では、第1学年から地域と連携したフィールドワークに参加し、多彩なアプローチで地域の課題に向きあいます。人と人をつなぎ、問題を解決する高い実践力を養い、これからの社会を創造する新しい感性のもち主を育てます。

  • 現代社会学科:社会のあらゆることが学問になる。専門的な物の見方や考え方を養っていく。【コース】現代社会学コース[公共社会/人間関係/現代文化]
  • コミュニティデザイン学科:キャンパスを飛び出し、地域が学びの場に。現場主義のカリキュラムで実践力を身につける。【コース】地域政策学コース/社会福祉学コース

Home > 社会学部

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです