スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 社会学部 > コミュニティデザイン学科

社会学部

コミュニティデザイン学科

キャンパスを飛び出し、地域が学びの場に。現場主義のカリキュラムで実践力を身につける。

地域を訪れてさまざまな課題に向きあう現場主義の学びを重視。まちづくりや情報発信、社会福祉の援助(ソーシャルワーク)などの実践的な手法を習得しながら、解決の方向を見いだしていきます。「人とあう、聞く、話す、実践する」力が身につく4年間。地方公務員、NPO、福祉、医療分野での活躍をめざします。

コミュニティデザイン学科のコース

地域政策学コース/社会福祉学コース

「コミュニティデザイン学科のコース/教員紹介」ページへ ≫

学びのポイント

1. 課題解決に重要な理論と実践を結ぶ学びを4年間で

地域課題をとらえるにあたり、人の暮らしに関わる福祉や政治経済、教育などを学ぶことはとても大切です。社会の仕組みや理論を理解した上で、フィールドワークや校外での活動といった実践的な学びを進めていきます。京都市北部の過疎地域、シャッター街となった商店街など、さまざまなコミュニティが学生たちの学びの場となります。

2. 自ら考え、動くことのできる能動的な力を身につける

地域で暮らす人々の生活実態調査や、聞き取りなどフィールドワーク実習が充実。生活実態を知った上で地域の抱える課題解決策を模索し、地域の人々とともに考え行動します。第1学年から社会を知るためのフィールドワークのプログラムを取り入れるなど、自ら考え、動くことのできる能動的な人物の育成に力を入れています。



「コミュニティデザイン学科のカリキュラム/4年間の学び」ページへ ≫

就職情報

就職率

99.0%
99.0%という高い就職率を実現。社会問題や地域社会に向きあう学びを生かし、公務員や福祉施設のほか、地元密着型の企業など、さまざまな業界に進んでいます。

主な就職先

彦根市役所/日本郵便(株)/京都中央信用金庫/滋賀県教育委員会/和歌山県教育委員会/柊野福祉会/なづな学園/象印マホービン(株)/JA京都/髙松建設(株)/(株)ゑり善/HOYA(株)/シライ電子工業(株)/Sky(株)/九州旅客鉄道(株)(JR九州)/近畿日本鉄道(株)/(株)平和堂/ツルタ電機(株)/石黒メディカルシステム(株)/滋賀特機(株)/ニシムラ(株)/(株)ロマンス小杉
※就職先は2017年度文学部社会学科および人文情報学科の実績より

Home > 社会学部 > コミュニティデザイン学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです