スマートフォン用サイトへ
ここからサイトの主なメニューです

Home > 社会学部 > 現代社会学科

社会学部

現代社会学科

現代社会学科
社会のあらゆることが学問になる。専門的な物の見方や考え方を養っていく。

学生が興味・関心をもつ、あらゆることが学びの対象です。自由で幅広いテーマの中から課題設定を自身で行うことが探究のスタート。演習やプロジェクト型研究などのアクティブ・ラーニングを通して、社会学の専門的なものの見方や考え方、調査・分析方法を学んでいきます。進路には、地方公務員、販売やサービス、金融関係や出版などが想定されます。

現代社会学科のコース

現代社会学コース(公共社会/人間関係/現代文化)

「現代社会学科のコース/教員紹介」ページへ ≫

学びのポイント

1. 現代社会の仕組みを理解し、さまざまな社会問題を発見・解決

国際的な政治経済の問題からご近所トラブルまで、現代社会にはさまざまな問題が散在しています。浮かんでくるのは、「どうしてこのような問題が起こるのか」「どうすれば上手くいくのだろうか」という疑問。社会学とは、複雑に絡みあう現代社会の仕組みを理解し、問題の発見や解決に貢献する学問です。

2. 自己表現や共感力など、コミュニケーション能力を養う

フィールドワークの授業も多く、少人数でのグループワークやディスカッション形式の学びの機会が用意されています。ここでは、人前で自分の意見を述べる自己表現力を身につけることや、他者の意見に耳を傾ける共感力、周囲と足並みを揃える協調性など、コミュニケーション能力をトータルに養うことをめざします。



「現代社会学科のカリキュラム/4年間の学び」ページへ ≫

就職情報

就職率

99.0%
99.0%という高い就職率を実現。社会問題や地域社会に向きあう学びを生かし、公務員や福祉施設のほか、地元密着型の企業など、さまざまな業界に進んでいます。

主な就職先

彦根市役所/日本郵便(株)/京都中央信用金庫/滋賀県教育委員会/和歌山県教育委員会/柊野福祉会/なづな学園/象印マホービン(株)/JA京都/髙松建設(株)/(株)ゑり善/HOYA(株)/シライ電子工業(株)/Sky(株)/九州旅客鉄道(株)(JR九州)/近畿日本鉄道(株)/(株)平和堂/ツルタ電機(株)/石黒メディカルシステム(株)/滋賀特機(株)/ニシムラ(株)/(株)ロマンス小杉
※就職先は2017年度文学部社会学科および人文情報学科の実績より

Home > 社会学部 > 現代社会学科

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです