ここからサイトの主なメニューです

Home > 学術研究 > 在外研究

学術研究

在外研究

 教育・研究の発展充実を図るために、本学では「在外研究制度」を設けています。在外研究制度では、学外(国内・海外)において調査研究をおこなう教員に対して、往復の旅費や留学中の滞在費を助成しています。在外研究には、国内外を問わず、その期間により短期留学(3ヶ月以上6ヶ月未満)も長期留学(6ヶ月以上1年以内)を設け、教員の調査研究活動を支援しています。

A. 種類

(1)助成留学 本人の申請に基づく採択制の留学(国内外)
(2)指定留学 学長が特に必要と認めた留学(国内外)

B. 助成(助成留学)

(1)往復の旅費及び留学中の滞在費
(2)助成上限  短期留学は150万円  長期留学は300万円

C.その他、学外資金等による在外研究

(1)国内外の公共機関・学術研究機関の資金による在外研究
(2)国内外の公共機関・学術研究機関における講義、研究などを目的とする招聘による出向
(3)自費による在外研究

Home > 学術研究 > 在外研究

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです