ここからサイトの主なメニューです

Home > 校友活動 > 同窓会事業概要

校友活動

同窓会事業概要

同窓会活動

大谷大学同窓会は、現在約35,000名(物故・不明会員を除く)の会員数を擁し、全国80の地区で組織されている同窓会地域支部を主として、会員相互、また会員と大学との交流を目的として設立されています。同窓会地域支部では、大学と共催で広く一般に向けた公開講座を催すなど、大学の発展に寄与する活動も行っています。
大谷大学同窓会では、毎年5月には総会を開催し、予算・決算をはじめ当該年度の事業計画を立案し、会員の協力のもと、活発な事業を推進しています。その主だったものは以下のとおりです。

(1)同窓会報『無盡燈(むじんとう)』の発行

年2回発行(うち1回は卒業証書並びに学位記授与式当日、新入会員に「特別号」として配布)。毎年9月に発行する『無盡燈』は、母校の動き、当該年度の事業案内および同窓生の活躍ぶりなどを紹介しています。

(2)「海外研修旅行」の開催

同窓会では、日本で体験できない異文化を直接自分の目で確かめ、肌で触れる感動を味わい、幅広い見識と豊かな人格の育成を目的とした「海外研修旅行」を実施しています。これまでに開催した主な研修旅行は以下のとおりです。
  「ヨーロッパの歴史・文化・宗教の旅」
  「世界遺産アンコール遺跡・ボロブドゥール遺跡研修の旅」
  「南インド仏教遺跡研修の旅」
  「ベトナム・宗教と世界遺産を巡る研修の旅」
  「中国・浄土教のふるさとを訪ねて」
  「インド仏跡巡拝とヒマラヤ眺望の旅」
  「鑑真和上ゆかりの大明寺を訪ねて揚州と南京4日間の旅」*NPO法人尋源舎企画
  「遣唐使ゆかりの天台山・普陀山・寧波5日間の旅」*NPO法人尋源舎企画
  「新羅浄土教の故郷を訪ねて4日間の旅」*NPO法人尋源舎企画

(3)「ホームカミングデー」の開催

卒業生の大学への里帰り企画として、毎年ホームカミングデーを開催しています。卒業後、大学とのかかわりがとかく疎遠になりがちですが、母校との関係を密接にしていただき、そして相互の友情を温め醸成する場として提供しています。後輩たちの現況も見ていただくために、大学の学園祭の期間にあわせて開催しています。

(4)「卒業・修了ならびに同窓会新入会員歓迎祝賀会」の開催

卒業証書並びに学位記授与式当日、大学・同窓会の共催で市内のホテルを会場に卒業・修了を祝い、同窓会への入会を歓迎する「卒業・修了ならびに同窓会新入会員歓迎祝賀会」を開催しています。卒業生・修了生をはじめ教職員、ご父母兄姉にもご参加いただき、盛大に開催されます。

(5)「ゼミ・クラス連絡委員(世話人)」の制度

同窓会活動の活性化と一層の発展を図るため、毎年度卒業時に、各指導教員の推薦によりゼミ・クラス単位で各1~2名の「ゼミ・クラス連絡委員」を委嘱し、ゼミ・クラス会開催の連絡等中心となってご活躍いただくようお願いしています。

(6)支部活動

同窓会は、全国各地に80の地域支部を組織し、支部の総会をはじめ、研修会・親睦会など活発な事業を行っています。夏季期間(7月~9月)には、大谷大学と共催し、本学の教員を講師として各支部に派遣して全国の支部を巡回する公開講演会「大谷大学・同窓会 全国縦断夏季八十講」を開催しています。この講演会は、地域社会に公開される形で催され、あわせて大学の現況についての報告を行っています。
また、数地区の支部ではNPO法人尋源舎と共催して、「仏教公開セミナー」の形で講演会を市民に開放しています。

(7)大谷大学同窓会ホームページ「無盡燈」、同窓会facebookの公開

同窓会では、会報『無盡燈』の他、大谷大学同窓会ホームページ「無盡燈」および大谷大学同窓会facebookを開設し、大学・同窓会の活動などを公開しています。

(8)オリジナルグッズの販売

同窓会では、オリジナルグッズの販売をしています。詳細につきましては、関連リンクをご確認ください。

Home > 校友活動 > 同窓会事業概要

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです