ここからサイトの主なメニューです

Home > 博物館 > 2019年度展示 > 2019年度秋季企画展大谷大学博物館の逸品 重要文化財『選択本願念仏集』

博物館

2019年度展示

2019年度秋季企画展
大谷大学博物館の逸品 重要文化財『選択本願念仏集』

大谷大学博物館の逸品 重要文化財『選択本願念仏集』

会   期
 9月 3日(火)~ 9月 21日(土)
開館時間
 10:00~17:00(入館は16:30まで)
観 覧 料
 無料
休 館 日
 日曜日・月曜日
 (ただし9/16[月・祝]は開館)
備   考
 ※本館には駐車場がありません。
 ※ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。

2019年度秋季企画展
大谷大学博物館の逸品 重要文化財『選択本願念仏集』  開催にあたって

本館では、十件の国指定重要文化財を所蔵しており、毎年秋には、これらを存分にご覧いただくために、その内のいくつかを選んで紹介しています。本年は『選択本願念仏集』です。
本品は、平安時代から鎌倉時代にかけての僧で、浄土宗を開いた法然房源空(1133~1212)が撰述したものです。
建久9年(1198)3月、前関白であった九条兼実(1149~1207)の求めに応じ、阿弥陀仏が選択した本願の深旨を述べ、念仏の法門こそが、末法の世にふさわしいことを説いた浄土宗の根本宗典とされます。
本館所蔵本は、その写本の中でも鎌倉時代中期を降らない書写本として、大変貴重なものです。

また、本学の博物館学芸員課程の学生が、企画から展示までを行った「実習生展」も併催しています。あわせてご高覧いただければ幸いです。

天皇たちの祈りと学び—古より紡がれる伝統と文化—
御伽草子と仮名草子—絵と文字に彩られる世界—
三勅祭-古儀を受け継ぐ祭-

■ 実習生による展示解説 : 毎開館日 13:30 ~ 14:00

実習生展 展示の様子

実習生展 展示の様子

Home > 博物館 > 2019年度展示 > 2019年度秋季企画展大谷大学博物館の逸品 重要文化財『選択本願念仏集』

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです