ここからサイトの主なメニューです

Home > 生涯学習講座 > 開放セミナー 又又西鶴、おもろおまっせ!—元禄、京坂の大晦日に遊ぶ—

生涯学習講座

開放セミナー 又又西鶴、おもろおまっせ!—元禄、京坂の大晦日に遊ぶ—

講座概要

近世前期の高度経済成長によってもたらされた元禄文化は、文学の主流を俳諧からドラマへと大きく展開させました。併せて、流通の確立は、庶民の生活感覚の中に「かね」を否応なく位置付けました。
西鶴は日本文学史上、はじめて数字を文学の素材として用いた作家です。「悲しみ」を金額に変えた作家井原西鶴のおもしろさを、共に楽しんでみたいと思います。

2016年度後期の講座「やっぱり おもろおまっせ、西鶴は! —元禄・京坂の大晦日に遊ぶ—」の続編ですが、この講座から受講することも可能です。
第1回
2017年5月25日(木)
西鶴総説                                                                 
第2回
2017年6月1日(木)
巻2-1 銀一匁の講中
第3回
2017年6月8日(木)
巻2-3 尤始末の意見
第4回
2017年6月22日(木)
巻3-3 小判は寝姿の夢
第5回
2017年6月29日(木)
巻5-1 つまりての夜市
第6回
2017年7月6日(木)
巻5-3 平太郎殿
        会        場        
メディアホール【響流館(こうるかん) 3階】       
  開講時間  
18:00~19:30
  定       員  
100名(先着順)
  受  講  料  
8,000円(税込)
  申込締切  
2017年5月2日(火)17:00必着
(申込者多数の場合、申込締切日以前であっても受付を終了することがあります)

Home > 生涯学習講座 > 開放セミナー 又又西鶴、おもろおまっせ!—元禄、京坂の大晦日に遊ぶ—

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです