ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 山本 和彦 【仏教学】

教員一覧

山本 和彦 【仏教学】

山本 和彦 教授 Yamamoto, Kazuhiko

山本 和彦 教授 Yamamoto, Kazuhiko

Ph.D.(Sanskrit)、博士(文学)

【専門分野・資格】
仏教学
(インド仏教)

研究領域・テーマ

インド思想における解脱論の研究/中観思想の研究

研究内容

現存する膨大な仏教文献には現代の諸問題を解決するための手掛りや解答が用意されています。インドの古典を現代人の共有財産にするという観点から以下の研究をおこなっています。
(1)ヨーガ(瞑想)や梵我一如の直接体験など解脱の手段をめぐるインド哲学諸学派間の論争史の研究。
(2)インド新論理学の主要テキストである『タットヴァ・チンターマニ』(真理の如意宝)「解脱章」の解読研究。

ゼミ紹介

演習の授業では、仏教だけではなくジャイナ教やヒンドゥー教などについても文化的もしくは美術的な側面から研究しています。具体的にはインドの仏教遺跡の現状、インドや東南アジアで広く見られる仏塔の歴史、仏伝文学で描かれるブッダの超人的な能力である神通力、瞑想としてのヨーガの歴史と思想などです。授業では学生が各自の研究テーマについて調べてきたことを発表し、それをもとにして全員で議論します。学生全員が能動的に情報を発信することにより、伝達能力が向上することも授業の目的としています。

主な担当授業科目

【院】仏教学特殊研究(演習)/【院】インド学研究/インド仏教思想史/仏教学演習

所属学会

バンダルカル東洋学研究所/ハーヴァード仏教フォーラム/日本印度学仏教学会/ジャイナ教研究会/日本仏教学会

経歴・活動歴

学歴

1984年大谷大学文学部卒業、1986年大谷大学大学院文学研究科修士課程修了(文学修士)、1992年インド・マハラシュトラ州立プーナ大学大学院博士課程修了(Ph.D.)、1993年大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。

職歴

1999年大谷大学文学部専任講師、2004年大谷大学文学部助教授、2007年ハーヴァード大学客員研究員、2007年大谷大学文学部准教授、2012年大谷大学文学部教授、現在に至る。

主要著書・論文

著書 「ヨーガ行法における正しい行為(satkāra)について」(『仏教学セミナー』第103号、2016年)
『インド新論理学の解脱論』(法蔵館、2015年)
「ガンゲーシャの知行併合論批判」(『奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教論集』、佼成出版社、2014年)
「ガンゲーシャの苦滅論」(『仏教学セミナー』第94号、2011年)
「ウダヤナの解脱論」(『仏教学セミナー』第91号、2010年)

Home > 教員一覧 > 山本 和彦

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです