ここからサイトの主なメニューです

Home > 生涯学習講座 > 開放セミナー シリーズ 親鸞の和讃に学ぶ(1)総論

生涯学習講座

開放セミナー シリーズ 親鸞の和讃に学ぶ(1)総論

「シリーズ 親鸞の和讃に学ぶ」 全体概要

和讃とは、和語による仏教讃歌です。親鸞はたくさんの和讃を製作し、仏・菩薩や高僧方の徳を讃えるとともに、その教えを受け止めた自らの心情を豊かに歌い上げています。本講座では、蓮如がおつとめの形式に定めて以来、真宗門徒にとって「正信偈」とともに親しみのある「浄土和讃」「高僧和讃」「正像末和讃」の「三帖和讃」を読んでいきます。本学教員のリレー講義による解説のもと、複数年かけて、みなさんとともに和讃のこころに尋ねていきたいと思います。

講座概要

親鸞の和讃を読むに当たり、まずは親鸞の著作を概観し、その中での和讃の位置と製作の願いを尋ねます。そして、「浄土和讃」「高僧和讃」「正像末和讃」がどのような内容をもっているのかを「三帖和讃」の構成を通して確かめます。

第1回
2017年11月1日(水)
親鸞における著作活動                                              
第2回
2017年11月15日(水)
和讃製作のこころ
第3回
2017年11月29日(水)
三帖和讃の概観
        会        場         メディアホール【響流館(こうるかん) 3階】
開講時間 17:30~19:00
      定       員       100名(先着順)
受  講  料 4,000円(税込)
申込締切 2017年10月11日(水)17:00必着
(申込者多数の場合、申込締切日以前であっても受付を終了することがあります)

Home > 生涯学習講座 > 開放セミナー シリーズ 親鸞の和讃に学ぶ(1)総論

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです