ここからサイトの主なメニューです

Home > 生涯学習講座 > 紫明講座 シリーズ 人物からみた仏教(2) 慧心僧都源信の生涯と思想

生涯学習講座

紫明講座 シリーズ 人物からみた仏教(2) 慧心僧都源信の生涯と思想

「シリーズ 人物からみた仏教」 全体概要

長い年月にわたって幅広い人びとに受け入れられてきた仏教は、さまざまな人物が活躍する話とともに伝えられてきました。それらの人物は、釈尊や七高僧のように実在の人物であることもあれば、維摩居士や善財童子のように経典の中の登場人物として知られる人物もあります。いずれの人物も、個性豊かで、人間のさまざまな可能性を感じさせてくれます。仏教が伝えてきた人物像を確かめることによって、現代に生きる私たちの生きざまが照らされます。

講座概要

慧心僧都源信(942-1017)が985年に著された『往生要集』は、日本浄土教の発展に大きな影響を与えました。また浄土真宗の七祖の一人とされていることも周知の通りです。この講座では『往生要集』に焦点を当て、そのなかに説かれている六道・極楽の理解、念仏思想と臨終行儀などについて考えてみたいと思います。

第1回
2018年6月11日(月)
『往生要集』の六道と極楽                                            
第2回
2018年6月25日(月)
『往生要集』の念仏思想
第3回
2018年7月9日(月)
臨終行儀と二十五三昧会
         会        場          メディアホール【響流館(こうるかん) 3階】
開講時間 16:30~18:00
定       員 100名(先着順)
受  講  料 4,000円(税込)
申込締切 2018年5月21日(月)17:00必着
(申込者多数の場合、申込締切日以前であっても受付を終了することがあります)

Home > 生涯学習講座 > 紫明講座 シリーズ 人物からみた仏教(2) 慧心僧都源信の生涯と思想

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです