ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 釆睪 晃 【仏教学   人文情報学】

教員一覧

釆睪 晃 【仏教学   人文情報学】

釆睪 晃 准教授 Wakemi, Akira

釆睪 晃 准教授 Wakemi, Akira

博士(文学)

【専門分野・資格】
仏教学(中国仏教)
人文情報学(情報文化)

研究領域・テーマ

中国仏教/情報文化/文化伝播

研究内容

仏教学/中国仏教

異国の宗教でしかなかった仏教が、中国においてどのように受容されていったのかに興味を持っています。特に、5世紀初頭に活躍した鳩摩羅什は、大乗仏教を初めて体系的に中国に伝えたという点で注目すべき人物です。鳩摩羅什自身はどのような思想を持っていたのか、また、その周囲にいた人物は鳩摩羅什からどのような影響を受けたのかを中心に研究を進めています。

人文情報学/情報文化

人間が作り上げた様々な情報メディアの中でも、言葉と文字は最も重要なものです。電子ネットワークにおいても、ブログやツイッターといった文字中心のメディアが注目されています。その一方で、言葉や文字による表現の限界も、指摘されています。例えば、仏教の禅定中の体験はどのように表現できるのでしょうか。幸い、仏教には文字資料が数多く残されています。これを詳細に検討しつつ研究を進めています。

ゼミ紹介

仏教学科ゼミ(文化美術コース)

仏教は、極めて広範な影響をもたらしました。仏像や寺院建築などといった分かりやすいものばかりではなく、私たちの日常生活のあちこち(文化)に仏教の影響を認めることができます。それらを丁寧に解きほぐすことによって、人びとがどのような仏経思想に共感してきたのかが明らかになります。

人文情報学演習Ⅱ

現代人は、あまりにも多くの情報に囲まれているため、より多くの情報を集めることよりも、いかに情報を取捨選択するかが重要になっています。しかも、いかにも信用性が高いかのように見える情報が偽の情報だったりします。情報を発信する側に立ってみることで、情報に対する感性を実践的に磨いていきます。

主な担当授業科目

【院】仏教学特殊研究(文献研究)/人文情報学演習/仏教学演習/仏教テキスト論/インド宗教と文化

所属学会

日本印度学仏教学会/日本佛教学会/日本宗教学会/漢字文献情報処理研究会

主要著書・論文

論文 「初期中国仏教における大乗思想の受容 -鳩摩羅什を中心として-」
「『首楞厳経』の漢訳とその受容」

Home > 教員一覧 > 釆睪 晃

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです