ここからサイトの主なメニューです

Home > 生涯学習講座 > 紫明講座 インドの仏教と日本の仏教 —相違点と共通点—

生涯学習講座

紫明講座 インドの仏教と日本の仏教 —相違点と共通点—

講座概要

インドにおいて興隆した仏教は、日本を含むアジア諸国に伝えられました。本土インドにおいては、やがて衰亡してしまうものの、今なお多くのアジア諸国において、伝統的に信仰されています。では、アジア諸国で現在信奉されている仏教は、原初型のインドの仏教とどこがどう異なるのでしょうか。本講座では、インドと日本の仏教のあり方を、三つのトピックから比較考察し、そこから、日本の仏教のあり方の特徴や問題を明らかにしたいと考えています。

備考

本講座は、主に高齢者を対象とした講座です。

第1回
2018年11月7日(水)
古代インドにおける阿弥陀仏信仰と日本における阿弥陀仏信仰                                                
第2回
2018年11月14日(水)
インドの戒律と日本に伝わった戒律
第3回
2018年11月21日(水)
インドの仏教グループ(部派)と日本の仏教グループ(宗派)
         会      場        
メディアホール【響流館(こうるかん) 3階】
 開講時間 
18:00~19:30
 定      員 
100名(先着順)
 受 講 料 
4,000円(税込)
 申込締切 
2018年10月17日(水)17:00必着
(申込者多数の場合、申込締切日以前であっても受付を終了することがあります)

ラジオ番組「大谷大学ハッピーアワー!第120回」に、講師の岸野任期制助教が出演し、講座について紹介しました。

Home > 生涯学習講座 > 紫明講座 インドの仏教と日本の仏教 —相違点と共通点—

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです