ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 福島 栄寿 【近代日本仏教史 近代日本思想史】

教員一覧

福島 栄寿 【近代日本仏教史 近代日本思想史】

福島 栄寿 教授 Fukushima, Eiju

福島 栄寿 教授 Fukushima, Eiju

博士(文学)

【専門分野・資格】
近代日本仏教史・近代日本思想史

研究領域・テーマ

日本近現代史・思想史・宗教史

研究内容

明治維新から150年、この国はいかなる歴史を辿り、いまに至るのだろうか。そして、人びとは、いかなる喜怒哀楽を抱え、苦悩し、思索しながらこの時代を生き抜いてきたのだろうか。明治以降の歴史を見つめ直すとき、とりわけ戦争の歴史を視野に入れないわけにはいかないだろう。時代を生き抜いた人びとの視点を大切に、また東アジアとの関係も視野に入れながら、この国の近現代史を多面的に明らかにしたい。特に最近は、沖縄近現代史に関心を寄せている。

ゼミ紹介

日々の学修活動を通して見つけた課題をもって様々な文献・史料を読み込み、時にはゆかりの場所をフィールドワークし、学生自らが成長を実感できる学びを体験してもらいたいと考えています。研修旅行として、2014年度は沖縄(辺野古、摩文仁丘など)、2015年度は長崎(軍艦島など)、2016年度は広島(原爆ドーム、毒ガス島など)を企画し、多くのゼミ生が参加しました。ゼミでは2年生時から各自のテーマを見つけることから始め、一歩ずつ卒論作成に向けて取組みます。最近の卒論のテーマには、「学童疎開の研究—滋賀県を事例として—」「日本軍と毒ガス戦—毒ガス兵器を生み出した大久野島—」「六〇年安保とその蹉跌」「幣原外交とナショナリズム」「太平洋戦争と石油資源問題—軍戦備とその実態—」「阿波根昌鴻の思想—『島ぐるみ闘争』を中心に—」「田中角栄論」「戦後の広島復興都市計画と原爆ドーム」「近代日本とハンセン病」「『婦人公論』にみる婦人の職業問題」「『サザエさん』にみる戦後史」「糸賀一雄論」「満洲開拓移民の歴史と実態」「戦時統制下の報道問題—昭和東南海地震と三河地震を中心に—」などがあります。宗教史・仏教史・教育史・言語学・女性史・衛生史・植民地・メディア学・文化史・災害史・福祉史など、多種多様な問題関心から取り組めます。なかには研究を続けるために大学院へ進学するゼミ生もいます。

主な担当授業科目

【院】仏教文化特殊研究(演習)/【院】仏教文化特殊研究(論文指導)/【院】仏教文化特殊研究(講義)/歴史学演習/日本仏教史

所属学会

仏教史学会/日本近代仏教史研究会/日本思想史学会/日本史研究会/真宗連合学会/日本宗教学会/「宗教と社会」学会/日本仏教社会福祉学会/日本仏教綜合研究学会

経歴・活動歴

経歴

1965年京都市生まれ。大谷高校(京都)卒業後、山口大学人文学部へ進学。同人文科学研究科修士課程(地域文化専攻)修了後、大谷大学大学院文学研究科博士後期課程(仏教文化専攻)へ進学、1995年単位取得退学。博士(文学)。非常勤講師として京都光華女子中・高校、大谷大学、千葉大学、立命館大学、北海学園大学大学院、九州大学大学院、大谷専修学院などで教える。1996年より京都光華女子大学真宗文化研究所職員、2001年より真宗大谷派教学研究所研究員、2007年より札幌大谷大学准教授を経て、2011年より大谷大学准教授、2017年より現職。

活動歴

滋賀県平和祈念館ボランティア活動[手紙等解読班](2012年~)など

主要著書・論文

単書 『思想史としての「精神主義」』など
論文 「近代日本の「宗教」認識—福沢諭吉の「宗教論」をめぐって—」
「仏教者の自己認識と内地雑居論—日本人論・日本文化論の視点を手がかりに—」
「<近代仏教>再考—日本近代仏教史研究と「鎌倉新仏教」論」
「現代沖縄と親鸞思想—彫刻家・金城実をめぐって—」など

Home > 教員一覧 > 福島 栄寿

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです