ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 田中 久美子 【社会心理学   教育心理学】

教員一覧

田中 久美子 【社会心理学   教育心理学】

田中 久美子 教授 Tanaka, Kumiko

田中 久美子 教授 Tanaka, Kumiko

博士(教育学)

【専門分野・資格】
社会心理学、健康心理学、発達心理学

研究領域・テーマ

ダイエット/青年期の健康行動/対人関係の心理

研究内容

私たちは高い目標を掲げながらも,身の回りの誘惑に翻弄されることが少なくありません。痩せたいのに食べ過ぎてしまう,勉強しなければと思いながらサボってしまう。このような目標達成に伴う不合理な行動の生じるメカニズムや,それらを回避するための個人差や環境要因について研究しています。特に,ダイエッターの食行動や食認知に関心があります。

ゼミ紹介

ゼミでは,主に社会心理学の観点から,日常の人間関係や消費者行動などを学んでいます。発表担当者がテキストの内容を解説する形で進めますが,学生にとって身近な「あるある」ネタが多いので,他のゼミ生たちも活発に意見を出し合います。今度のコンパで,参加者の注文内容を観察してみよう。〇色の小物を身に付けたら相手からの評価はどうなるの…? こうした話題から,卒業論文のテーマを見つけることができれば望ましいですね。

主な担当授業科目

【院】発達心理学演習/教育・心理学演習/発達心理学(小)/教職実践演習(初等)/心理学研究法

所属学会

日本心理学会/日本教育心理学会/日本健康心理学会/日本社会心理学会

経歴・活動歴

京都大学教育学部卒業。京都大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。博士 (教育学)。羽衣国際大学人間生活学部准教授を経て、2009年に大谷大学文学部着任。

主要著書・論文

共著 『絶対役立つ教養の心理学-人生を有意義にすごすために-』(ミネルヴァ書房、2009年)
『心理学の発見』(あいり出版、2009年)
論文 「食品のカロリー量推定におけるテスト不安と摂食抑制との関係」 (『健康心理学研究』第28巻, 2015年)
「ダイエットプライミングと摂食抑制が仮想的スイーツ選択に及ぼす影響 —質問紙による調査的研究—」 (『Journal of Health Psychology Research』第30巻, 2017年)
「再確認傾向と賞賛獲得欲求・拒否回避欲求との関連」 (『人間形成論研究』第8号, 2018年)

Home > 教員一覧 > 田中 久美子

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです