ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 田中 久美子 【社会心理学   教育心理学】

教員一覧

田中 久美子 【社会心理学   教育心理学】

田中 久美子 教授 Tanaka, Kumiko

田中 久美子 教授 Tanaka, Kumiko

博士(教育学)

【専門分野・資格】
社会心理学、健康心理学、発達心理学

研究領域・テーマ

ダイエット/青年期の健康行動/対人関係

研究内容

私たちは、豊かな人間関係を築くため、自己および他者について適切に理解し、状況に応じた自己の行動によって、相互作用を調整していく必要があります。このような対人関係や対人行動を規定する個人差要因が、社会的適応や自己成長に及ぼす影響過程について研究しています。また、ダイエットをはじめ、食行動の心理的メカニズムにも関心があります。

ゼミ紹介

日常の人間関係における心理や行動のメカニズムについて、主に社会心理学の立場から学んでいきます。たとえば、気になる異性と親しくなりたいとき、猛烈なアプローチだけでなく、相手との距離感を意識し、タイミングに応じた「押す・引く」といった駆け引きが必要になる場合もありますね。ゼミでの学びは恋愛に限りませんが、私たちが上手に人とかかわるためのテクニックや考え方の背景にある心理学的な意味について考えていきましょう。

主な担当授業科目

教育・心理学演習/発達心理学(幼)/教職実践演習(初等)/心理学研究法

所属学会

日本心理学会/日本教育心理学会/日本健康心理学会/日本社会心理学会

経歴・活動歴

京都大学教育学部卒業。京都大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。博士 (教育学)。羽衣国際大学人間生活学部准教授を経て、2009年に大谷大学文学部着任。

主要著書・論文

共著 『絶対役立つ教養の心理学-人生を有意義にすごすために-』(ミネルヴァ書房、2009年)
『心理学の発見』(あいり出版、2009年)
論文 「食品のカロリー量推定におけるテスト不安と摂食抑制との関係」
「青年期女子におけるダイエッターの食行動と生活習慣との関係」

Home > 教員一覧 > 田中 久美子

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです