ここからサイトの主なメニューです

Home > 博物館 > 2020年度展示 > 2020年度冬季企画展京都と大火—末代に受け継ぐ知恵※1/7(木)-1/26(火)は臨時休館したため、会期を1/27(水)-2/26(金)に変更いたしました。

博物館

2020年度展示

2020年度冬季企画展
京都と大火—末代に受け継ぐ知恵
※1/7(木)-1/26(火)は臨時休館したため、会期を1/27(水)-2/26(金)に変更いたしました。

※臨時休館に伴い、会期を変更します。

会   期
 2021年 1月 27日(水)~ 2月 26日(金)
※設備トラブルのため、会期を変更しました。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、
 本学学生・教職員以外の一般来館者は事前予約が
 必要となります。ページ下部よりご予約ください。

 ※予約受付は終了いたしました。
開館時間
 10:00~17:00(入館は16:30まで)
 本学学生・教職員以外は事前予約が必要です。
 予約可能時間…10:30、13:00、14:00、15:00
観 覧 料
 無料
休 館 日
 土曜日・日曜日、2月4日(木)、5日(金)、11日(木)、23日(火)
備   考
 ※本館には駐車場がありません。
 ※ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。
 ※新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、臨時休館となる
 場合もございます。

2020年度冬季企画展
京都と大火—末代に受け継ぐ知恵 開催にあたって

平安遷都以来、大都市の京都は河川氾濫や地震、火災などさまざまな災害と向き合ってきました。
なかでも火災は、人びとの生活に大きな影響を与え、京都のあり方もそれに対応して変化してきました。
かつて京都に生きた人びとは火災という災害をどう受け止め、どのように対応してきたのでしょうか。平安、鎌倉時代から大規模火災の情報や記録は残され、江戸時代には、かわら版などによって、よりわかりやすく、多くの人に伝えられました。そしてそれらの情報は、火災に対応する知恵や教訓として次代に受け継がれていったのです。
本展覧会では、江戸時代に版行された京都大火図などを中心に、火災という事態と向き合った京都の先人たちの知恵に迫りたいと思います。

ご来館について

本学学生・教職員以外は事前予約が必要となります。

・webあるいはFAXにてご予約を受け付けます。電話では予約できません。
・ご入館いただける時間は、月~金曜日の10:30、13:00、14:00、15:00です(ただし、2/4(木)、2/5(金)、2/11(木)、2/23(火)は休館)。土・日曜日は休館ですので、ご注意ください。
・本ページ下部に掲載の「ご来館にあたってのお願い」をご一読いただき、検温等にご協力ください。
・10名以上でのご来館は、ご遠慮ください。

〇webから予約する場合
 来館希望日前日の12:00までに下部予約サイトよりお申し込みください。
 [@airrsv.net]のドメインを受信可能にしてください。
 予約内容確認メールが届かない場合には、お手数ですがお問い合わせください。
 ご来館の際は、予約内容確認メールを博物館受付にてご提示ください。

〇FAXにて予約する場合
 来館希望日の3日前までに当館までお申し込みください。当館からの返信をご確認ください。
 当館からの返信FAXがない場合には、お手数ですがお問い合わせください。
 ご予約の際、ご来館希望日時・お名前・ご連絡先電話番号・FAX番号をお知らせください。
 代表者が申し込まれる場合は、来館者全員のお名前とご連絡先をお知らせください。
 ご来館の際は、当館からの返信FAXを博物館受付にてご提示ください。

※予約受付は終了しました。

ご登録いただいた個人情報は、大谷大学博物館への入館手続きおよび新型コロナウイルス感染拡大防止のために利用します。当館利用者に感染が確認された場合等、必要に応じて保健所等の公的機関に情報を提供することがあります。なお、連絡先等については厳重に管理し、ご来館日より1ヵ月経過ののち、適切な方法により廃棄いたします。

Home > 博物館 > 2020年度展示 > 2020年度冬季企画展京都と大火—末代に受け継ぐ知恵※1/7(木)-1/26(火)は臨時休館したため、会期を1/27(水)-2/26(金)に変更いたしました。

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです