ここからサイトの主なメニューです

Home > 博物館 > 2018年度展示 > 2018年度特別展 飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-

博物館

2018年度展示

2018年度特別展 飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-

飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-

会     期 10月 12日(金)~ 11月 28日(水)
休 館 日 日曜日・月曜日(11/18、19、25、26は開館)
開館時間 10:00~17:00
※但し、入館時間は閉館の30分前までとなっておりますので、ご注意ください。
観 覧 料 一般・大学生 500円 / 小・中・高校生 無料
備     考 (1)本館には駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。
(2)以下の方々は、無料とさせていただきますので、受付にお申し出ください。
     ●本学学生・同窓生・教職員
     ●下記の手帳・証明書をご提示いただける方
       障がい者手帳お持ちの方および介助者の方(1名まで)
       70歳以上の方

2018年度特別展
飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-  開催にあたって

「世界遺産ひだ白川郷」で有名な飛騨地方には、今も真宗信仰が深く根づいています。その起源は、鎌倉時代に親鸞聖人の門弟であった嘉念坊善俊が白川郷鳩ヶ谷に草創した道場にありました。
雪深い山村地域にあって善俊は鳩ヶ谷道場を拠点として多くの人びとを教化し、その人びとはやがて「白川善俊門徒」と呼ばれ、飛騨における真宗信仰の中心を担うようになりました。

室町・戦国時代になると、本願寺第八代蓮如上人に帰依する人びとが増え、「白川善俊門徒」は本願寺の中部山村地域における重要な集団となっていきました。その拠点である鳩ヶ谷道場は「正蓮寺」、「照蓮寺」と名乗りを変えつつも相続されていったのです。そして近世には高山藩主金森氏の厚い保護を受けて高山城下へと移転し、飛騨真宗の中心として今に至っています。

本展覧会では、中部山村地域において脈々と受け継がれてきた念仏の伝流を、高山別院照蓮寺をはじめとするゆかりの寺院の法宝物から感じ取っていただければと思います。

Home > 博物館 > 2018年度展示 > 2018年度特別展 飛騨真宗の伝流-照蓮寺高山移転430年-

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです