ここからサイトの主なメニューです

Home > 博物館 > 2017年度展示 > 2017年度夏季企画展古文書が語る人々の暮らし-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町-

博物館

2017年度展示

2017年度夏季企画展
古文書が語る人々の暮らし-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町-

古文書が語る人々の暮らし-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町-

会   期
 6月 13日(火)~ 7月 29日(土)
開館時間
 10:00~17:00(入館は16:30まで)
観 覧 料
 無料
休 館 日
 日曜日(ただし7/16は10:00~15:00開館)
 月曜日
備   考
 ※本館には駐車場がありません。
 ※ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。

2017年度夏季企画展
古文書が語る人々の暮らし
-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町- 開催にあたって

本館が収蔵する資料には、京都の町文書があります。この古文書の多くは江戸時代の後期に書かれたものです。くずし字で書かれた古文書を読み解いていくと、当時の人々の暮らしが浮かび上がってきます。
本展覧会では、「洛中洛外図屏風」や京都の地図・地誌などに描かれた近世の京都の姿を紹介するとともに、現在も繁華街となっている四条先斗町にある柏屋町や六角寺町に接し誓願寺とも関わりのある八百屋町の古文書、五条高倉付近の福田寺町の町絵図などを通じて、当時の人々の暮らしについて紹介します。

Home > 博物館 > 2017年度展示 > 2017年度夏季企画展古文書が語る人々の暮らし-京都 柏屋町・八百屋町・福田寺町-

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです