ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 中野 加奈子 【社会福祉学】

教員一覧

中野 加奈子 【社会福祉学】

中野 加奈子 准教授 Nakano, Kanako

中野 加奈子 准教授 Nakano, Kanako

博士(社会福祉学)

【専門分野・資格】
社会福祉学
(社会福祉援助技術論、貧困問題、医療福祉、生活史研究)

研究領域・テーマ

ソーシャルワーク/生活史アプローチ/ホームレス問題

研究内容

私たちの社会に広がる貧困・格差問題の解決と、人間らしい暮らしの実現を目指すソーシャルワーク論を研究しています。社会学などで取り組まれてきた生活史研究に学びながら、ソーシャルワークにおける生活史の活用を「生活史アプローチ」と位置づけ、理論的整理と具体的な実践方法の構築を目指しています。また、深刻化する貧困問題の実態解明にも取り組んでいます。

ゼミ紹介

近年、私たちの社会では貧困問題が深刻化しています。仕事がない、住む家がない、頼れる家族や友人がない、といった困窮状態は決して他人事ではありません。私たちの身近にある「生活の困りごと」に目を向け、実際の社会福祉実践現場に学びながら、私たちの人間らしい暮らしを守る社会福祉やソーシャルワークについて考えます。 具体的には、文献や論文を読んだり実践現場での見学・ヒアリング等を通して、自分なりの考えをまとめ学生同士で議論し問題意識を明確にしていくことを目標にします。

主な担当授業科目

社会福祉学演習/社会福祉援助技術演習/相談援助の基盤と専門職

所属学会

日本社会福祉学会/日本社会政策学会/日本社会医学会

経歴・活動歴

佛教大学大学院社会福祉学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(社会福祉学・佛教大学)。医療法人社団敬誠会合志病院(医療ソーシャルワーカー)、佛教大学福祉教育開発センター(契約専門職員)、(財)ソーシャルサービス協会ワークセンター(非常勤訪問相談員)を経て、現在に至る。社会福祉士。

主要著書・論文

分担執筆 『社会福祉方法原論の展開』(高菅出版、2007年)
『図説 日本の社会福祉 第2版』(法律文化社 2007年)
『シードブック社会福祉援助技術』(健帛社、2008年)
『障害者の「暮らしの場」をどうするか』(かもがわ出版、2009年)
『実践に学ぶ医療ソーシャルワーク』(佛教大学通信教育部 2009年)
論文 「医療ソーシャルワークにおける『退院援助』の変遷と課題」
「ホームレスの生活問題とソーシャルワーク:ホームレスの生活問題の実態と
生活再建の課題」
「知的障害者のグループホームにおける職員の業務に関する考察」
「生活史研究の系譜:記述と分析をめぐる課題」
「ホームレス状態に陥った知的障害者のライフコース研究」
「子育て支援と生活問題—ホームレス状態の親子から見えるもの」
「ソーシャルワークにおける生活史アプローチの可能性」(学位請求論文)

Home > 教員一覧 > 中野 加奈子

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです