ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 古川 哲史 【歴史学   比較文化・社会学】

教員一覧

古川 哲史 【歴史学   比較文化・社会学】

古川 哲史 教授 Furukawa, Tetsushi

古川 哲史 教授 Furukawa, Tetsushi

M.A.(国際学修士)

【専門分野・資格】
歴史学(アメリカ、アフリカ)
比較文化・社会学

研究領域・テーマ

歴史学/比較文化・社会学
※主要研究対象地域(日本、東アジア、アメリカ、アフリカ)

研究内容

私は今まで、アメリカやアフリカの歴史と文化に関心を向けてきました。日本や東アジアとそれら諸地域との関係史にも取り組んでいます。大学は学問をするところです。これからも、自らの立ち位置を確かめながら、学生とともに学び、問い続けていきたいと思います。

ゼミ紹介

国際文化学科ゼミ

欧米文化コースで「アメリカ文化」のゼミを担当しています。アメリカの地理(空間軸)や歴史(時間軸)を踏まえたうえで、文化(精神軸)にまつわる様々なテーマを学びます。日本に住む私たちの生活に大きな影響を与えている<日米関係>についても考えます。そして、最終的には、異文化理解を通した自らの文化への理解や、他者理解を通した自己理解の問題に迫ります。

大学院国際文化専攻ゼミ

大学院のゼミでは、日本や英米の文化を中心に、比較文化的視点を意識しながら、自らが選んだ研究課題に取り組みます。そして、文化を研究する意義や異文化理解の重要性などを考えながら、文化や人間の問題をより深く思い索めます。(本学の卒業生以外に、他大学の卒業生や留学生も学んでいます。)

主な担当授業科目

【院】国際文化特殊研究(演習)/【院】地域文化研究(文献研究)/国際文化演習/英米の文化

所属学会

African Studies Association (USA)/Association for Asian Studies (USA)/
World History Association/日本アメリカ学会/日本アフリカ学会/史学会、ほか。

経歴・活動歴

神戸市生まれ。広島大学総合科学部・総合科学科卒業。在学中、日本-アフリカ文化交流学院(在ケニア)に留学。その後、広島大学大学院社会科学研究科・イギリス地域研究講座、オハイオ大学国際事情研究所大学院・アフリカ研究講座(在アメリカ合衆国)、京都大学大学院人間・環境学研究科・共生文明論講座などで学ぶ。オハイオ大学、オハイオ州立刑務所、コロンバス日本語補習校、同志社女子大学、立命館大学、京都市立芸術大学、松下看護専門学校等で教える。2005年より大谷大学文学部・国際文化学科に所属、現在に至る。

編著 『囚われし者たちの〈声〉-オハイオ州立刑務所の中から』(国文社、1998年)
共著 『エチオピアを知るための50章』(明石書店、2007年)
『日本人とアフリカ系アメリカ人-日米関係史におけるその諸相』(明石書店、2004年)
共訳 『走ることは、生きること——五輪金メダリスト ジェシー・オーエンスの物語』(晃洋書房、2016年)
編纂
解題
『「英国議会資料」(京セラ文庫)資料集・第10巻:エチオピア』(国立民族学博物館、2006年)
事典項目
執筆
『アフリカ系アメリカ人ハンディ事典』(南雲堂フェニックス、2006年)
『Africana: The Encyclopedia of the African and African American Experience (Second edition)』(Oxford University Press、2005年)

Home > 教員一覧 > 古川 哲史

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです