ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 東舘 紹見 【日本仏教史】

教員一覧

東舘 紹見 【日本仏教史】

東舘 紹見 教授 Higashidate, Shoken

東舘 紹見 教授 Higashidate, Shoken

博士(文学)

【専門分野・資格】
日本仏教史(古代・中世)

研究領域・テーマ

日本仏教史(古代・中世)/「国風文化」/社会と仏教/浄土教史/講会

研究内容

平安中期から鎌倉期すなわち中世前期の文化・宗教、特に「国風文化」と称されてきた文化的動向の実態究明と、その歴史的意義の考察を課題としています。衣食住の「和様化」・かな文字の発達や、信仰面での密教・平安浄土教・御霊信仰・陰陽道の発達等の諸事象を、中世社会形成期の文化として総体的に考えたいと思っています。また、右に記した信仰に対して興った、専修念仏を始めとする鎌倉期成立の仏教や、当時盛んに行なわれた「講会」と呼ばれる法会の実態究明にも取り組んでいます。

ゼミ紹介

紫式部や藤原道長、平清盛、源頼朝、そして親鸞といった人物たちが活躍した、平安時代中期から鎌倉時代までを主な研究対象にしています。この時代は、貴族、寺院、武家の勢力が、競い合いながら民衆を支配し、一つの国をつくっていました。ゼミでは、ゼミ生それぞれが関心のある出来事や人物について調べ、自分の考えでまとめて発表しています。どんな史料をどのように読んでいくか?発表者の個性があらわれてとても面白いです。京都という立地を生かし、関連する史跡を訪れるフィールドワークも大事にしています。

主な担当授業科目

【院】仏教文化研究/歴史学演習/日本仏教史/古文書学概論

所属学会

仏教史学会/真宗連合学会/日本史研究会/日本宗教学会/日本仏教学会/真宗教学学会

経歴・活動歴

経歴

1963年岩手県生まれ。1986年大谷大学文学部史学科卒業。1994年大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。大谷大学文学部講師、准教授を経て、現在、大谷大学文学部教授。博士(文学)。

活動歴

佛教史学会評議員/真宗連合学会理事/真宗教学学会委員/大学コンソーシアム京都 京都高等教育研究センター 京都学研究会研究員/真宗大谷派 部落差別等に関する教学委員会委員/同 視聴覚伝道委員会制作部会制作委員/同 宗宝宗史蹟保存会委員/同 宗務審議会別院に関する委員会委員

主要著書・論文

共著 『蓮如・人と教え-『蓮如上人御一代記聞書』に学ぶ-』(真宗大谷派宗務所出版部、2000年)
『日本の名僧 5 浄土の聖者 空也』(吉川弘文館、2005年)
論文 「平安初期における法華講会の展開」
「勧学会の性格に関する一考察」
「院政期大元帥法の相承について」
「平安中期平安京における講会開催とその意義-応和三年の二つの経供養会を中心に-」
「古代中世移行期における法華一乗思想の展開とその歴史的意義」
「円仁の入唐求法と法会の始修-九世紀天台宗における法会催行とその歴史的意義-」
「近世本願寺寺内町と学寮」
「『法華経』受容としての観音信仰とその形態」
「親鸞における聖徳太子観-六角堂参籠時を中心に-」
「親鸞と一乗の系譜-出家・修学修行から六角堂参籠まで-」

Home > 教員一覧 > 東舘 紹見

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです