ここからサイトの主なメニューです

Home > 教員一覧 > 大秦 一浩 【国語学】

教員一覧

大秦 一浩 【国語学】

大秦 一浩 准教授 Ohata, Kazuhiro

大秦 一浩 准教授 Ohata, Kazuhiro

修士(文学)

【専門分野・資格】
国語学

研究領域・テーマ

国語学/上代/文法

研究内容

萬葉集に代表される上代文献の語法・文法を主たる研究対象としており、上代以降の国語変遷過程を辿り、既存体系が動揺することの一般的契機を通時的に把握することによって、後代から前代の姿を浮き彫りにすることを試みます。また、これに併せて、伝統的歌学・歌論に記述された語彙把握や語法解釈の今日的意義について、国語学史の観点もふまえた検討を行ないたいと考えています。

ゼミ紹介

上代語上代文学を専攻するゼミで、『萬葉集』を中心とした上代作品を研究対象としています。上代は、平かな・片カナができておらず、語彙・文法も平安時代とは異なっており、そんな作品がそもそも読めるのかとすら思われるほどです。適切な本文批評をふまえ漢字ばかりで綴られた和文を読むための方法を具体的に検討することがゼミ学生の課題となり、先行研究に学びつつ作品読解に努める中から自らの研究テーマを探ってゆきます。

主な担当授業科目

国文法の研究/日本古典文法/国文学演習/上代文学/日本語特殊講義

所属学会

日本語学会/訓点語学会/萬葉語学文学研究会/東海印度学仏教学会

経歴・活動歴

1973年京都府生まれ。京都府立大学卒業。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2006年大谷大学文学部着任。

主要著書・論文

論文 「接尾語ミの並列用法-『あゆひ抄』所説をめぐって-」
「『古事記』禊祓の段について-「身に著ける物を脱くに因りて生れる神」の名義と物語-」
「上代における接尾辞ムとブをめぐって—形容詞語幹に接して動詞を派生する場合—」

Home > 教員一覧 > 大秦 一浩

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです