ここからサイトの主なメニューです

Home > 学生生活サポート > 学 寮

学生生活サポート

学 寮

費用(各学寮共通)の増額について

2019年度より、以下の通り、費用が増額となりました。 ご了承ください。

費用(各学寮共通)

費用/月額 2018年度 2019年度 備考
寮舎費 17,000円 17,000円 変更なし
光熱水費 15,000円 18,000円 3,000円増額
食費 18,000円 20,000円 2,000円増額
合計 50,000円 55,000円 5,000円増額

貫練学寮・自灯学寮

貫練学寮の屋上にて 自灯学寮の正門にて
在寮期間は共に1年間です。 出願は学部・短期大学部の新入生(第1学年)に限ります。

貫練学寮(男子)

定 員 20名
通 学 市バス「山ノ前町」より大学まで約15分

自灯学寮(女子)

定 員 16名
通 学 地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」より大学まで約5分

学寮の概要

「本務遂行、相互敬愛、及び人格純真の三条に心をよせ、各自純真の人間となっていたゞきたいのである。諸子の学問及び人格の完成が、また本学の完成である。」と、第三代学長の佐々木月樵は「大谷大学樹立の精神」で述べています。

大谷大学の学寮は、この三条の下に宗教的人格の陶冶を形成する具体的施設として設置されたものです。その意味で、学寮は単なる厚生施設としての学生寮ではなく、仏教精神に基づいて共に学びながら生活する場となっています。したがって、学寮生活では、朝夕の勤行をはじめとして、宗教行事が基本となり、また、大学で催される各種の宗教行事への参加が求められています。

貫練学寮:外観  /  自灯学寮:外観

自灯学寮:食堂  /  寮生部屋の収納】

学寮の日常生活

学寮の日常生活は、学寮長・寮監・第2学年の先輩委員の指導の下で、寮生が主体的に学寮生活を送っています。そういった生活を通して多くの先輩たちが、学寮生活を送る中から、思い出深い大学生活を過ごし生涯の友を得てきました。一年間の共同生活を通しての学びが期待されているため、中途での入・退寮や入寮中のアルバイトなどは認められていません。また、門限、勤行、食事の時間、清掃の当番など、最低限のルールが定められています。
学寮の規律ある共同生活をとおして、大谷大学の宗教的精神に触れることは人生にとって大きな意義のあることでしょう。

貫練:掃除当番表  /  自灯:食事当番

貫練:掃除当番表  /  自灯:食事当番

学寮の行事・イベント

学寮の行事・イベントを紹介します。

4月

●入寮式
入学式と同日に二学寮合同の入寮式を挙行します。
合同入寮式では、入寮の宣誓を学寮生が行います。

●お花見
貫練学寮(男子)と自灯学寮(女子)が合同で実施する顔合わせの会です。
鴨川でお菓子を食べながらお花見をして、親睦を深めます。

●防災教育
各学寮へ消防署をお招きし、災害が起きた時の行動確認や消火器の使い方、応急担架の作り方などを学びます。

●前期声明講習(~6月)
真宗大谷派宗務所本廟部から講師をお招きし、学寮生活の中心となっている大谷派の声明の基礎を学びます。
貫練学寮は7回、自灯学寮は3回実施します。

入寮式 / 花見 / 防災教育

入寮式 / 花見 / 防災教育

5~6月

【5月】
●前期委員会
貫練と自灯の学寮生半分ずつが前期委員として、6月の合同懇親会について話し合います。

【6月】
●合同懇親会
各学寮生が親睦を深めるために開催し、球技などといったレクリエーションやバーベキューをします。
企画から運営まで、担当の学寮生が行い、自分たちで運営することの難しさを感じながら、毎年盛り上がります。

●普通救命講習会
消防署をお招きして、心肺蘇生法やAEDの使用方法を合同で学びます。

前期委員会 / 合同懇親会 / 普通救命講習会

前期委員会 / 合同懇親会 / 普通救命講習会

7~9月

【7月】
●前期寮内講演会
本学教員を講師として各学寮へお招きし、学寮生が希望した講題で講演していただきます。

●後期委員会
各学寮の後期委員が集まって、後期の一泊研修会に向けて話し合います。

【8月】
夏期休暇期間中は閉寮します。

【9月】
●後期声明講習(~11月)
学寮報恩講に向けて、大谷派の声明の指導を受けます。
貫練学寮は10回、自灯学寮は1回実施します。

前期寮内講演会 / 後期声明講習

前期寮内講演会 / 後期声明講習

10~11月

【10月】
●合同一泊研修会(後期寮内講演会)
湖西キャンパスセミナーハウスで、二学寮が希望した本学教員に講演をお願いし、その内容について学寮生で座談会を行います。夜はバーベキューをして教員とも交流します。
2日目は大学に戻り、レクリエーションで親睦を深めます。

【11月】
●学園祭出店
本学学園祭で模擬店を出店します。学寮生が一丸となって模擬店の準備や当日の調理、販売などを行います。

合同一泊研修会(後期寮内講演会) / 学園祭出店

合同一泊研修会(後期寮内講演会) / 学園祭出店

12~2月月

【12月】
●学寮報恩講
各学寮で、懇親会や一泊研修会でお呼びした方や日頃お世話になっている方をお招きして、報恩講(宗祖宗祖親鸞聖人に対する報恩謝徳のために営まれる法要)を開催します。
司会、受付、接待、出仕、感話などすべて学寮生が企画・運営します。
また、その後のお斎では、お招きした方々とこれまでの学寮生活を振り返ります。

【1月】
●卒寮式
合同で卒寮式を開催します。学生部長、学寮長にご挨拶いただき、最後に寮歌を斉唱します。

【2月】
●卒寮旅行
各学寮で卒寮旅行に行きます。行き先は学寮生の話し合いで決定します。
学寮を離れて、共に過ごしてきた学寮生と思い出を作ります。

学寮報恩講 / 卒寮式 / 卒寮旅

学寮報恩講 / 卒寮式 / 卒寮旅行

寮内活動

貫練学寮前期イベント委員 望月 陸

貫練学寮前期イベント委員 望月 陸

寮生活では、二寮合同懇親会や寮の報恩講といった行事がありますが、決まった行事だけでなく寮生がイベントを企画することもあります。 合同の行事では、各寮の代表委員が目標を決めて、内容の企画、当日の進行など全てを担当します。また、イベント委員は寮生の誕生会も企画します。毎回、企画内容を変えて、寮生全員が楽しく盛り上がってくれるか、反応にドキドキしながら企画しています。寮生活では、一年を通して多くの行事があり、堅苦しいものではなく楽しいものです。ぜひ、寮に入って、寮生活でしかできない体験をしてみてください。

自灯学寮懇親会委員 古賀 和弥

自灯学寮懇親会委員 古賀 和弥

合同懇親会とはその名の通り、男女の寮生同士が仲を深めるための行事であり、例年、競技大会やボウリング、貫練学寮でのバーベキューやビンゴなどをします。また、それぞれ活躍した人には景品も用意します。この合同懇親会は、寮生の中の委員が自分たちで企画・運営する行事ですので、これまでに経験したことのない達成感を味わうことができます。このように自分たちで行事を企画して運営する機会は、寮生ではないと経験できないことなので、新入生の方にはぜひ入寮して体験してほしいです。

貫練学寮前期庶務委員 藤田 周

貫練学寮前期庶務委員 藤田 周

庶務の役割は、寮の決定機関である寮生大会の書記、仏壇に供えるための仏花の活け替えなどがあります。書記は、寮生大会の意見の集約と記録を作成します。話し合いに参加しながら、寮生大会をスムーズに進めるため、意見を正確かつ整理して記録しなくてはなりません。それでも、寮生大会にはしっかりと参加できるので、とても有意義な役割であると思います。仏花の状態を常時気にかけて把握するのもなかなか目立たないですがおもしろいです。 どちらの内容も、大変ですがとてもやりがいがあります。自分自身、この役割に携わることができてとてもよい経験をしました。

自灯学寮前期総務委員 西尾 夏芽

自灯学寮前期委員総務 西尾 夏芽

私はこの寮に入って、皆で共に生活をすることの大変さと、その楽しさも知ることができました。最初は皆、共同生活に慣れず、自分のことでいっぱいでしたが、日が経つにつれて周りに目がいくようになり、自分から率先して動くようになりました。また、私はこの寮で前期委員の総務となりました。内容は学級委員長のようなもので、皆で何かを決める際に、中心となります。この役割を引き受けてから、前よりも積極的になったり、皆の事を考えて行動できるようになったと思います。この寮に入ったことで成長することができて、とても良かったです。

学生支援部 学生支援課 寮務担当
〒603−8143 京都市北区小山上総町
【直通電話】 075−411−8119 【FAX】 075-411-8156
【受付時間】 月曜日~金曜日 9:00~13:00、14:00~17:00
       (土・日・祝日および大学で定める休業日を除く。)

Home > 学生生活サポート > 学 寮

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです