ここからサイトの主なメニューです

Home > 学生生活サポート > 奨学金制度

学生生活サポート

奨学金制度

奨学金制度には、向学心に燃えながらも経済的理由により学業の継続が困難な学生に教育の機会均等を図るための経済支援を目的とする奨学金と、主体的な学びを支援し優秀な人物を育成することを目的とする奨学金があります。概略は以下のとおりです。詳しい内容については、「奨学金ガイドブック(文・短)」、「奨学金ガイド(院)」、奨学金掲示板(慶聞館1階)で確認してください。

大谷大学入学試験特別奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

(1)一般入試[第1期]および一般入試[大学入試センター試験利用入試 前期] で優秀な成績を修めた者から選考。
(2)文学部AO入試合格者全員。

給付額
第1学年時の後期授業料免除

大谷大学育英奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

人物・学業成績が特に優秀な者を対象に、各学科・学年ごとに選考(出願は第2学年以上に限る)。

給付額
当該年度における半期授業料相当額

大谷大学大学院修士課程・博士後期課程育英奨学金<給付制>
※大学院

修士課程・・・人物・学業成績が特に優秀な者を対象に、各学年・各専攻ごとに選考。

給付額
当該年度における半期授業料相当額

博士後期課程・・・人物・学業成績が特に優秀な者を対象に、学年を問わず各専攻ごとに選考。

給付額
当該年度における年間授業料相当額

大谷大学教育ローン援助奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

新入生(第3学年編入生を含む)のうち金融機関の教育ローンを利用し、入学金・学費などを納入した者から選考。

給付額
金融機関の教育ローンの利子について年間20,000円を上限とし、最短在学期間給付(休学期間を除く)

雲井奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

全学生対象。本学での学びに強い意欲を持ちながら、経済的事情により修学が困難な者から選考。

給付額
200,000円(正規の最短修業年限内1回限り)

石間奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

文学部第4学年・短期大学部第2学年のうち、本学での学びに強い意欲を持ちながら、学費の支弁が困難な者から選考。

給付額
333,000円(正規の最短修業年限内1回限り)

東本願寺奨学金<給付制>

文学部、短期大学部、大学院の最終学年の学生。課外活動や研究など大学生活をアピールすることができる者から選考。

給付額
文学部・短期大学部200,000円(在学中1回限り)
大学院250,000円(在学中1回限り)

大谷大学・大谷大学短期大学部・大谷大学大学院留学生助成金<給付制>

本学の留学制度により海外の大学等に留学する者から選考。

給付額
留学の種類や国・地域、
期間によって変わります。
●大学院
260,000円~460,000円(交換留学を除く。期間1年)

●文学部
260,000円~460,000円(交換留学を除く。期間1年)

●文学部 
130,000円~230,000円(交換留学を除く。期間6ヵ月)

●短期大学部 
130,000円~230,000円(交換留学を除く。期間6ヵ月)

大谷大学教育後援会文芸奨励賞<給付制>

全学生を対象に文芸作品を募集し、優秀者を選考。

給付額
最優秀賞 50,000円・優秀賞 30,000円・佳 作 10,000円

大谷大学教育後援会家計急変奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

家計支持者(父母又は父母に代わって家計を支えている者)の家計急変により修学が困難になった者から選考。
※事由発生後、1年以内(新入生は入学後の4月1日以降)の出願に限る。

給付額
250,000円(在学中1回限り)

大谷大学教育後援会勤労学生表彰奨学金<給付制>
※文学部・短期大学部

学費や生活費をアルバイトや奨学金に頼り、家庭からの援助が皆無に近い者から選考。

給付額
80,000円(在学中1回限り)

大谷大学教育後援会特別貸与奨学金<貸与制・無利子>
※文学部・短期大学部

修学意欲があり、学費の納入が困難な者から選考(学費延納許可者であること)。

貸与額
100,000円以上50,000円単位、半期学費相当額を上限とする。

大谷大学教育後援会学費支援奨学金<給付制>

文学部・短期大学部卒業年次生で、最終学期の学費支弁が著しく困難な者から選考(学費延納許可者であること)。

給付額
200,000円(正規の最短修業年限内1回限り)

大谷大学短期貸付金<貸与制・無利子>

学生生活を送るうえで、緊急に経済的援助が必要になった場合、5ヵ月以内に返済することを条件に貸与します。

上限 
50,000円以内

学費免除・減額制度<給付制>

学費の負担者が天災等により被害を受けた場合、申請により学費を免除・減額する場合があります。

公益財団法人中信育英会奨学金<給付制>

文学部第2学年の学生対象。学力優秀、品行方正でありながら経済的事情により修学が困難な者から選考。

給付額
月額20,000円(最短在学期間給付)

日本学生支援機構[第一種奨学金]<貸与制・無利子>

人物・学業ともに優れ、かつ健康であって学資の支弁が困難な者から選考。

貸与額(月額)
●大学院
修士課程・・・50,000円・88,000円より選択可。
博士後期課程・・・80,000円・122.000円より選択可。

●文学部
自宅生・・・30,000円・54,000円より選択可。
自宅外生・・・30,000円・54,000円・64.000円より選択可。

●短期大学部
自宅生・・・30,000円・53,000円より選択可。
自宅外生・・・30,000円・53,000円・60,000円より選択可。

日本学生支援機構[第二種奨学金]<貸与制・有利子>

人物・学業ともに優れ、かつ健康であって学資の支弁が困難な者から選考。 利率は年3%が上限。

貸与額(月額)
●大学院
50,000円・80,000円・100,000円・130.000円・150,000円より選択可。

●文学部・短期大学部
30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円より選択可。

日本学生支援機構奨学金(緊急・応急)<貸与制>

主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気、死亡若しくは火災、風水害などの災害により、家計が急変し、緊急に奨学金が必要となった者に貸与(緊急・応急で条件が異なります)。
※事由発生後、1年以内の出願に限る。

貸与額
緊急‥・第一種奨学金と同額(無利子)/応急‥・第二種奨学金と同額(有利子)

日本学生支援機構奨学金<給付制>

文学部第1学年・短期大学部第1学年のうち、以下のいずれかに該当する者。
(1)自宅外生で、家計支持者が住民税非課税の者。
(2)児童養護施設退所者等。

給付額(月額)
月額40,000円(最短在学期間給付)
※児童養護施設退所者等には、240,000円を追加給付

Home > 学生生活サポート > 奨学金制度

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです