ここからサイトの主なメニューです

Home > OTANI TALK > Advance2021

OTANI TALK

Advance2021

2021年 記事一覧


このページに掲載している情報は、取材当時(2020年度)のものです。

OTANI TALK Advance 2021 ARCHIVES

  • OTANI TALK Advance 2021 文学部歴史学科 対談 : 歴史を学んで広がる未来 ≫
    あこがれだった京都に来て早3年。授業内容をきちんと吸収し、積極的に神社仏閣を巡って知見を広げている鈴木さんは、いよいよ卒論に取り掛かり始めました。親身になってくれる先生のアドバイスのおかげで、かねてより希望していた時代の勉強を諦めることなく、少しずつテーマも絞れてきています。自分との対話を重ねる中で、歴史学を学ぶことで培える力や可能性にも目を向け、自らの進路に役立てようとしています。
  • OTANI TALK Advance 2021 社会学部現代社会学科 対談 : 目標がなくても焦らない。やりながら見つける私なりの希望 ≫
    入学時は関心が定まらず、幅広く学べそうだという理由で社会学部を選択した定元さんですが、大学生活も3年目を迎えて、卒業単位はほとんど取り終わり、卒論に向けて追究すべきテーマも見えてきました。現在は、就職活動の真っただ中です。志望先を決める前に積極的にインターンに参加し、1つ1つ丁寧に業界を見ていく予定です。学業同様、就職活動も走りながら興味関心を見つけていく定元さんらしいやり方で、残りの学生生活を有意義に過ごしています。
  • OTANI TALK Advance 2021 教育学部教育学科幼児教育コース 対談 : 全幅の信頼を得て飛び立つ未来の園長先生 ≫
    保育現場体験やピアノの発表、授業への取り組みなど、何においても先生方が「この子なら大丈夫」と太鼓判を押すほどの力量を見せてきた吉原さんは、初めての保育実習でも高い評価を受けました。失敗を次に持ち越さないようにと切り替える気持ちの強さ、寝られないくらいの練習量、「やるときはやる」と緩急をつけられる柔軟性、そして何より、子どもたちに向き合える先生になりたいという熱い思いを持って、目指す姿へと、着実に歩みを進めています。

Home > OTANI TALK > Advance2021

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです