世界史コースと京都探究コースを新設。
世界史コースは、従来の東洋史に加え、新たにその他の地域へも対象範囲を広げます。
京都探究コースは、「世界史の中の京都」、「京都の寺社」などの授業を開講し、「京都」というフィールドを多角的に探究します。 

日本史コース

平安時代の貴族の生活、戦国武将の生き方、幕末の志士がめざした日本の未来像など、古代から現代まで日本史の全領域を研究対象とします。歴史研究の基礎となる史料を読み解き、歴史上のさまざまな課題に迫り、自分なりの仮説を立て新しい解釈を探ります。

世界史コース

世界史を知ることは、外側からの視点を通して日本をより深く理解することにもなります。『三国志』などアジアを中心とした豊かな研究実績をもつ本学の伝統に基づき、他地域も視野に入れながら、境界を越えた幅広い視点から歴史を見ることをめざします。 

歴史ミュージアムコース

過去を現代に伝える書物、仏像、石碑や絵画などのさまざまな文化財。私たちはそれらを学ぶことで、より詳細に歴史を見つめることができます。本コースでは文化財を調査・展示する実習を通して歴史を研究できるほか、博物館学芸員となるうえで必要な能力を養うことができます。 

京都探究コース

史跡や文化財の宝庫である千年の都・京都で学べる強みを生かし、祇園祭や葵祭などの年中行事、平安京や二条城などの史跡を実際に訪れ、見て、聞いて、体験することで歴史を学びます。さらに新たな文化や伝統を創造し、世界に発信する力も養います。 

歴史学科 教員紹介

  • 教授
    浅見 直一郎
    あさみ・なおいちろう

    【研究領域】
    東洋史/東アジアの文化交流/葬送文書

  • 教授
    國賀 由美子
    くにが・ゆみこ

    【研究領域】
    絵巻物/祭礼図/行事絵/近世絵画(特に近江の画人)/近代日本画

  • 教授
    東舘 紹見
    ひがしだて・しょうけん

    【研究領域】
    日本仏教史(古代・中世)/「国風文化」/社会と仏教/浄土教史/講会

  • 教授
    平野 寿則
    ひらの・としのり

    【研究領域】
    日本近世史/仏教史

  • 教授
    福島 栄寿
    ふくしま・えいじゅ

    【研究領域】
    日本近現代史・思想史・宗教史

  • 教授
    古川 哲史
    ふるかわ・てつし

    【研究領域】
    歴史学/比較文化・社会学※主要研究対象地域(日本、東アジア、アメリカ、アフリカ)

  • 教授
    松浦 典弘
    まつうら・のりひろ

    【研究領域】
    中国史/仏教/石刻史料

  • 教授
    宮﨑 健司
    みやざき・けんじ

    【研究領域】
    日本古代史/日本古代宗教史/正倉院/正倉院文書/写経/光明子/聖武天皇/大学博物館

  • 准教授
    井黒 忍
    いぐろ・しのぶ

    【研究領域】
    中国史/水利/環境

  • 准教授
    川端 泰幸
    かわばた・やすゆき

    【研究領域】
    一揆/地域社会/荘園村落

  • 講師
    大艸 啓
    おおくさ・ひろし

    【研究領域】
    日本古代仏教史/浄土信仰/古代都市/正倉院文書

関連リンク