ここからサイトの主なメニューです

Home > 短期大学部 > 幼児教育保育科 > 学びの特長/カリキュラム

短期大学部

幼児教育保育科

学びの特長/カリキュラム

子どもと共に学び、成長できる保育者を育成。

子どもとともに学び、成長できる保育者を育成。

取得できる免許・資格

本学科では「幼稚園教諭二種免許状」と「保育士資格」の両方を取得できます。これら免許・資格取得のサポートはもちろんのこと、保育技術の習得を支援し、子どもたちを真に理解して尊重するとともに、子どもたちとともに生きる幼稚園教諭・保育士の養成をめざす学生に対し、きめ細かにバックアップをしています。

ピアノ技能

本学科への入学試験では、ピアノの実技試験は行いません。しかし、ピアノは幼稚園教諭・保育士になるためには欠かせない技能の一つであり、本学科では、初めて鍵盤に触れる人でも現場で活用できるように丁寧に指導します。ピアノ専用教室も完備しており、写真者でもやる気と根気があれば、2年間の授業のなかで必要な力が養われます。

教育実習・保育実習・卒業研究

第1学年で幼稚園教諭・保育士としての基本を修得した後、第2学年では幼稚園や保育園、施設での実習を行います。そこで先生と子どもとのやりとりを観察し、子どもと触れ合い、保育者の仕事を体験するなど、授業で得た知識を実践的に学びます。また、卒業研究に取り組むなかで、自らの課題を明確にし、考え、表現する方法を学びます。

幼稚園教諭免許状・保育士資格取得までの流れ

第1学年(前期)

免許状・資格取得に必要な科目を履修。さらに「園見学」や卒業生の話を聞く機会を活用して現場の様子を知り、子どもとのかかわり方や心構えを学びます。

第1学年(後期)

行事の企画運営やレベルに応じたピアノレッスンなど具体的な事前指導を受けます。しっかり基礎を固めたうえで2月に初めての実習にのぞみます。

第2学年(前期)

第1学年に引き続き、必要な科目の履修を進めます。6~10月には幼稚園、保育所、児童福祉施設での実習に計4回のぞみます。

第2学年(後期)

自らテーマを決め、論文にまとめあげる卒業研究を完成させます。12月には、学びの集大成として学科イベント「幼教フェスティバル」を運営します。

カリキュラム 【2013年度以降入学生対象】

Home > 短期大学部 > 幼児教育保育科 > 学びの特長/カリキュラム

PAGE TOPに戻る

ここからサイトの主なメニューです